これだけあれば大丈夫!スノボーの持ち物をチェック!

これだけあれば大丈夫!スノボーの持ち物をチェック!

記事作成日: 2015-10-07

スノボツアーモデルイメージ画像

そろそろ冬が近づいてきて、スノーボードに挑戦したいと考えている方も多い季節です。ですが、いったいどんな持ち物が必要なの?と途方にくれている方も居ることでしょう。

スノーボードには持参が必須なアイテムと、そうでないものがあります。そうでないものは大抵のスキー場でレンタルすることが可能ですので、自分が行く予定のスキー場がどのようなレンタルを行っているのかを前もって調べておくと安心ですね。

スキー・スノボーウエア・ボードレンタル料金の相場は?
2020-01-15 12:47:46
スキーやスノボをするためには、道具が必要じゃない? うん、ボードとかウェアとか……、けっこういろん...

そうしていざ、せっかく滑る気まんまんで現地に行ったのに、アレがない、コレがない…と悲しい思い出になっちゃう前に、スノーボードで必要な持ち物を一括チェックしちゃいましょう!

レンタル出来る物

スノボー持ち物

スノーボード

まずは何をおいても「スノーボード」!やっぱり自分用を購入するとテンションが上がりますが、レンタルも可能です。

ブーツ

「ブーツ」は必ず自分にフィットするものを。レンタルも可能ですが、混雑時は希望のサイズがないことも。

スノボー ブーツ
2019-10-03 18:50:01
スノーボードに必要なアイテムといえば、板・ビンディング・ブーツの3点ですね。 スノボアイテムはスキー場でのレンタルで...

ビンディング

これはボードにブーツを固定するためのパーツ。ボードをレンタルした場合はセットで付いています。

スノボー
2019-10-03 18:28:05
スノーボードをするときに、スノーボードの板とブーツを固定する器具が「ビンディング​」です。ビンディングを装着する場所や...

リーシュコード

ボードの流れ止め。リフトに乗るときなどの安全確保のため、装着を義務付けられているスキー場がほとんどです。

ボードレンタルに含まれます。

スノボツアーウェアモデル画像
2019-10-25 17:26:49
スノーボードの初心者の方は、リーシュコードが何故必要なのか?どんな役割をしているのか?理解していないことがありますね...

スノボウェア

通気性のよい専用のウェアが最適。レンタルも可能ですが、数回使うなら購入した方がオトクな場合も。

神田・小川町でオススメのスノボーショップはこちら

 

 

ゴーグル

雪の太陽光反射から目を守ります。紫外線による目のダメージは怖いもの。現地購入、レンタル可能な場合も。

ゴーグルレンタル付きのスノボーツアーはこちら

スノボツアー知っておきたい!ゴーグルの選び方
2018-04-18 10:56:17
スキーやスノーボードにかかせないアイテムのひとつがゴーグル。種類も機能も数多くあり、選ぶのに悩んでしまいますね。...

グローブ

ビンディング脱着のしやすい、ほどよい厚さのものを選ぶことが大事です。現地購入、レンタル可能な場合も。5本指タイプが使いやすくオススメ。

グローブレンタル付きのスノボーツアーはこちら

スノボツアーモデルイメージ画像
2019-10-04 17:38:35
スキーへ行ったときに、必ず必要になるのが「手袋」「グローブ」ですね。手袋・グローブは、スキー場でスキーを楽しむときに...

帽子

雪上を滑ると、かなり冷えるので耳が痛くなってしまい楽しむどころではありません。防寒対策には耳の上がしっかり覆えるものを用意しましょう。

帽子レンタル付きのスノボーツアーはこちら

スノボツアーモデルイメージ画像
2019-10-04 18:01:50
スノボを楽しむときの必須アイテムの1つに「ニット帽(BEANIEビーニー)」があります。 ニット帽は、寒い雪山での防寒対...

 

魅力をたっぷりご紹介!舞子スノーリゾート体験レポート

自分で用意するもの

スノボー持ち物

ソックス

くるぶし丈など短いものではなく、長い丈のもので厚手で通気性のよいものが適しています。

宿泊付きのスノボーの場合は予備のソックス、濡れて冷えることを考えると予備を1足持っている方が良いでしょう。

 

下着

転んで濡れてしまうことが予想される初心者は特に必須。びしょびしょで帰宅して風邪をひかないように。

フェイスマスク

吹雪時などの防寒対策だけではなく、日焼け防止にもなるので特に女性にオススメ。

日焼け止め

雪上の照り返し、紫外線は半端ではありません。持って行き忘れても現地で購入も可能です。

リップクリーム

紫外線だけでなく雪上は意外と乾燥しています。男性でも、バリバリになる前にしっかり保湿を。

UVケア用ならなお安心。

ハンドクリーム

同じく乾燥して手荒れしてしまうのを防ぐため、携帯用の小さいクリームがあると安心です。

ポケットティッシュ

意外と重宝。寒いゲレンデで鼻水が出ちゃうのはザラです。1~2コ持っておくと安心。

スマホ耐衝撃ケース

転んでヒビが…なんてことになならないように、これがあればちょっとやそっと転んでも大丈夫です。

ゴーグル曇り止め

シュッとスプレーして、寒暖差などでゴーグルが曇るのを防ぎ、快適に滑れます。

 

ネックウォーマー・マフラー

防寒対策にはあった方が便利。現地購入やレンタル可能な場合も。

 

インナーウェア

ヒートテックなどの薄手のもので、上だけでなくスパッツなど下も用意してあるとより良いです。

スノボウェアの下には何を着る?基本的な考え方と組み合わせ例
2019-10-03 16:31:54
最近だいぶ、冬の足音が近づいてきましたね。「今年の冬こそ、スノボデビューするぞー!」と計画を立てて、楽しみにしている...

上着

体温調節のために、サッと脱ぎ着しやすいものを2~3枚重ね着しておくと安心です。

身分証明書

意外ですね。でも、レンタルをする際には必要なので持っておくと安心です。

リフト券ホルダー

これがないと、ふとしたときにリフト券を落としてしまうことも…。あれば安心です。

 

ヒッププロテクター

初心者にオススメ。転んだ時のおしりへの衝撃から守ってくれるパッドです。あるとなしでは大違い!

 

お菓子

サッと食べられるチョコなどで栄養補給すると、ちょっと疲れた時もすぐに回復!

ベルト

ウェアをレンタルした場合、パンツによってはベルトが要る場合もあります。持っていれば便利でしょう。

防水スプレー

携帯用の小さなスプレーが一つあれば、転びやすい初心者も濡れにくくて安心です。

 

健康保険証

突然の体調不良、またケガなどが起きやすいスポーツですので保険証は必須です。

脊椎パッド

これも衝撃から体を守ってくれるものです。初心者よりジャンプなどの技に挑戦したくなったならこれをオススメ。

ドライバーなど

「ドライバーなど」工具があれば、ビンディングを調整したいときに便利です。持ち運び用セットが便利です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BURTON バートン|18/19モデル EST Tool #Black Chrome エストツール
価格:1650円(税込、送料別) (2019/10/3時点)

薬、絆創膏

使い慣れた風邪薬、頭痛薬、そしてケガや靴ずれに絆創膏があればやっぱり安心です。

小銭いれ

滑るときに全額持っているのは危険!2000円ほど入れられる小さな小銭入れを携帯しましょう。

 

携帯灰皿

「携帯灰皿」喫煙する方は、必ず持って行ってください。現地購入も可能な場合があります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ノースピーク north peak ASH TRAY 携帯灰皿 S NP-3159
価格:1398円(税込、送料無料) (2019/10/3時点)

 

ジェットライター

風の強いゲレンデ近くでは、普通のライターでは火がつきにくいです。喫煙者はぜひ持っておきましょう。

 

いかがですか?せっかく楽しみにしていたスノボーに忘れ物をしたらショックですよね・・・。

スキー。スノボーに出かける前にもう一度持ち物をチェックすいて楽しいスノボーにしましょう!!

ライタライター画像 スキー市場情報局編集部ー画像

この記事を書いた人 スキー市場情報局編集部

他の記事を見る

スキー市場情報局スタッフです。スキーツアーのお得な情報や、役に立つ情報を発信していきます!
twitterをフォロー

ツアーを検索する

出発地選択(必須)
プラン(必須)
出発地(必須)
エリア
スキー場
出発日
人数
宿泊数
総合ランキング
テーマ

もっと見る

follow!