スノボウェアの下には何を着る?基本的な考え方と組み合わせ例

スノボウェアの下には何を着る?基本的な考え方と組み合わせ例

記事更新日: 2019-10-03

スノボウェアの下には何を着る?基本的な考え方と組み合わせ例

最近だいぶ、冬の足音が近づいてきましたね。「今年の冬こそ、スノボデビューするぞー!」と計画を立てて、楽しみにしている方もいるのではないでしょうか。

でも、張り切ってスノボウェアを買ってはみたものの、「あれ?スノボウェアの下って、何を着たらいいの?」と悩む人も多いようです。雪国育ちならまだしも、冬の雪山で遊ぶのが初めての人なら、ウェアの下に何を着るべきか?分からなくても不思議ではありませんよね。

今回は、そんな方、必見! スノボウェアの下に着るものを選ぶ際に役立つ、基本的な考え方をご案内します。正解は人によって多少異なりますが、是非スノボデビューの前に参考にしてみてくださいね!

 

まる
私も最初は、スノボウェアの下に何を着たらいいのか?ちょっと悩んだ記憶があるなぁ・・・。
しえ
うんうん、寒い中でするスポーツってどんな感じか分からないから、何を着たら快適に過ごせるのか?想像つかないんだよね。
ベル
やっぱりみんな最初は悩むんだねー。スノボビギナーの必見記事、それでは行ってみましょう!

魅力をたっぷりご紹介!舞子スノーリゾート体験レポート

まず最初に、可動性と防寒性、どちらを優先すべきなの?

スノーボーダーイメージ

まず最初に、可動性と防寒性、どちらを優先して考えるべきなのか?・・・不慣れな雪山デビューの前に、悩む人も多いようです。スノボは雪山でするスポーツだし、きっと寒いはず!・・・だから、スノボウェアの下には、厚着しておいた方が良い?それともスノボで動いたら暑くなるはずだから、スノボウェアの下には、動きやすい薄手の服を選んでおいた方が良い? その正解は・・・「動きやすいよう薄手の服」なんですよ。

寒い雪山の中とはいえ、スノボもスポーツです。少し動いただけでも、結構体温は上がります。そんな中で厚着していたら、汗をたくさんかいて体を冷やし、風邪を引きかねません。それにたくさん着ていたら、体を動かしにくいですよね! よって、薄手の服を選んで、動きやすさ(可動性)を優先するようにしましょう。

実際に、スノボウェアの下には何を着たらいいの?

スノボツアーモデルイメージ画像

それでは実際に、スノボウェアの下に何を着たらいいのか?ですが、暑さ寒さの感じ方に個人差があるため、人それぞれ正解が異なります。でも、スノボデビューする前から、スノボウェアの下にどれくらい重ね着したら暑く感じるのか?寒く感じるのか?までは分かりませんよね。

よってこの記事では、スノボウェアの下に何を着るべきか?選ぶ際に知っておくべき基本的な考え方と、その一般的な組み合わせ例を挙げます。とりあえずスノボデビューの際には例で取り上げた衣類を着てみて、実際に寒いと感じたか?暑いと感じたか?によって、次のスノボでちょうど良い具合を探り出すための、参考にしてみてください。

インナーは、ファーストレイヤーとセカンドレイヤーの2種類

まず、スノボウェアの下に着る衣類の種類として、「ファーストレイヤー」「セカンドレイヤー」という2種類の考え方があります。スノボウェアの下には、基本的に、上半身も下半身も、この2種類を重ねて着ることになります。

ファーストレイヤーとは、直接肌に触れるインナーのことです。スノボでは、どんなに動きやすさを重視して、薄手の衣類を重ね着したとしても、まったく汗をかかない!ということはありません。汗をかいた時に、ウェアの中が蒸れて、体を冷やすことがないように注意が必要です。

そのためには、吸湿性・速乾性がある素材のものがベスト!例えばウールやポリエステル等の化学素材が当てはまります。ちなみに、綿素材は吸湿性はあっても速乾性がないので、避けてくださいね。

セカンドレイヤーとは、ファーストレイヤーの上に着るインナーのことです。ファーストレイヤーで吸収した水分を外部に逃しながらも、保温性があるものを選びましょう。

またその日の気候によって調整するのも、セカンドレイヤーとなります。例えば晴れて温かい日には長袖Tシャツだけにする、吹雪いて寒い日にはフリースにするなど。その際、汗をかきすぎない・動きづらくならない衣類を選ぶように心がけましょう。

 

一般的な例:上半身は?

スノボウェアの下にきるもの

一般的に、スノボウェアの下(上半身)には、ファーストレイヤーとして下着やTシャツ、セカンドレイヤーとして長袖Tシャツやトレーナー・パーカーなどを着ている人が多いようです。

例えば、ファーストレイヤーには、こういった吸湿性・速乾性がある下着がおすすめです。

 

 

そして、セカンドレイヤーとして選ぶ衣類ですが、初スノボの際には、温度調節が簡単にできるように、前を開けられる衣類(例えばフリースやパーカー)がおすすめです。もし初スノボの時に、前を開けて調節する必要が無かったのならば、次のスノボからはトレーナーなどを選んでもいいですね!

 

 

また、標高が高い極寒エリアに行く場合は、セカンドレイヤーとして、薄手のダウンを着るという手もあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Women's Burton [ak]® Baker Down JacketRose Brown 2019FW
価格:22330円(税込、送料無料) (2019/10/3時点)

 

そして、晴れた温かい日のセカンドレイヤーには、こういった長袖Tシャツがおすすめ。ちなみに、極度の寒がりの人なら、ファーストレイヤーとセカンドレイヤーの間に、薄手の長袖Tシャツを重ね着するという方法もありです。その場合、暑い時は脱ぐ・寒い時は着るといった、細かい調整をお忘れなく!

 

一般的な例:下半身は?

スノボウェアの下にきるもの

一般的に、スノボウェアの下(下半身)には、ファーストレイヤーとして下着の上にレギンスやタイツなどの長いものを1枚と厚手の靴下を組み合わせ、セカンドレイヤーとしてスウェットパンツなどを履いている人が多いようです。

例えば、下着の上に着用するファーストレイヤーには、こういった防寒目的のレギンスやタイツがおすすめ、厚手の靴下も忘れないようにしましょう。タイツは、素材によってはブーツの中で滑ってしまうタイプもあるので、事前に確認しておいてくださいね。

足元が冷えてしまっては、スノボを快適に楽しめませんので、しっかり温めるようにしましょう。

 

そしてその上に履くスウェットパンツは、スノボをする際に体を動かしやすいように、柔らかく伸縮性がある素材のズボンがおすすめです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バートン スウェットパンツ レディース BURTON 19-20 Women's Oak Pant
価格:7480円(税込、送料別) (2019/10/3時点)

 

ちなみにスノボ初心者の方は、お尻から転ぶことが多いので、お尻の衝撃を緩和できるような工夫をしましょう。プロテクター(ケツバッド)がおすすめですが、それが準備できなければ、毛糸のパンツを重ね履きする方法などもあります。

 

 

インナーの選び方

ここまで、スノボウェアの下に着るインナーを選ぶ際の基本的な考え方と、一般的な例を挙げてみましたが、それぞれの特徴に沿った衣類はたくさん存在し、その価格もさまざまです。

まだスノボを始めたばかりで、ひとまずその特徴に見合った衣類を既に持っているのであれば、新たに新調する必要はありません。もし持っていなければ、その特徴に合う商品ラインナップから、とりあえずはお安いものを買ってみましょう。

その後、スノーボードに本格的に取り組むようになり、「ちょっとこのインナーはイマイチだなぁ」と感じるようになったら、よりお高めの機能性があるスポーツ専用インナーを調達していけばいいですね。

 

まる
うわ~、私スノボ経験長いけど、意外と基本的な考え方が、分かってなかったなぁ。
しえ
私も! 今シーズンは、スノボウェアの下に着るインナーをいろいろと見直してみようかなー。
ベル
スノボ経験者のお2人にも役立つ内容で良かった!とりあえず初めてスノボに行く人は、ここで挙げた一般的な例を参考に、スノボウェアの下に着るものを調整してみてね。冬ももうすぐ本番ですー!

ゲレンデデビュー

ライタライター画像 スキー市場情報局編集部ー画像

この記事を書いた人 スキー市場情報局編集部

他の記事を見る

スキー市場情報局スタッフです。スキーツアーのお得な情報や、役に立つ情報を発信していきます!

人気の検索キーワード

twitterをフォロー

ツアーを検索する

出発地選択(必須)
プラン(必須)
出発地(必須)
エリア
スキー場
出発日
人数
宿泊数
総合ランキング
テーマ

もっと見る

follow!