北海道のスキー場 オープンはいつからいつまで?

北海道のスキー場 オープンはいつからいつまで?

記事更新日: 2020-08-31

北海道スキー イメージ ルスツ

日本最北の地、北海道。例年早くに冬が訪れ、初雪を観測するのも早いエリアですよね。北海道は、スキーやスノボなどのウィンタースポーツ好きの方にとっては、長期間に渡って楽しめるとあって人気のエリアですが、実際のところ、北海道のスキー場はいつからいつまでオープンしているのでしょうか?

今回は、北海道にあるスキー場のオープン期間について、まとめてご案内します~。次なるウィンターシーズンの計画に向けて、是非参考にしてくださいね!

 

まる
北海道って、早く雪が降り始めるから、もう秋にはスキー場オープンしてるんじゃないの~?
しえ
いやー・・それはどうだろう?雪が降っても、ある程度積もってからじゃないと、オープンできないんじゃないかなぁ?
ベル
そうです。初雪が降ってからすぐにスキー場がオープンできるわけではありませんね~。これから、北海道のスキー場はだいたいいつ頃にオープンしているのか?まとめてご案内します。冬に向けた計画を検討する際に、目安にしてくださいね~。

 

※こちらの記事で掲載しているスキー場の営業期間は、「2020-2021シーズン」の情報となります。

一部2018-2019情報も含んでおります。ご了承ください。

北海道スキースノボツアー予約はスキー市場

2020-2021 北海道スキーツアー(東京・大阪・福岡発)販売中!
GoToトラベルキャンペーンで旅行代金 最大半額支援>>

 

北海道のスキー場で、早くオープンしたのはどこ?全10件紹介

スキースノボイメージ

 

北海道にはたくさんのスキー場があります。まずは「今シーズンも早くスキー場へ行って滑りたい!!!」と今から考えている方向けに、2020-2021シーズンで早くにオープンする北海道のスキー場を10件ピックアップ!

 

札幌国際スキー場

札幌国際スキー場

●2020年11月20日~2021年5月5日までオープン予定

北海道札幌市にある「札幌国際スキー場」は、天然の自然雪で、例年北海道では一番早くオープンするスキー場です。

昨シーズンも11月中旬とひと足先にオープン!5月のGWまで営業とロングシーズンに渡り、自慢のパウダースノーと広大なゲレンデを堪能できます。

 

 

サッポロテイネスキー場

札幌テイネスキー場

●2020年11月21日~2020年5月5日までオープン予定(但し4月5日以降は土・日・祝日のみ営業)

北海道札幌市にある「サッポロテイネスキー場」は、札幌オリンピックが開催された手稲山に広がる標高1,000m以上の本格的なスキー場です。

札幌市内中心部から30分/新千歳空港から60分とアクセス抜群でありながら、標高が1,000m以上且つ人工降雪機によって豊富な積雪量にも恵まれ、例年11月中旬と早期にオープン!5月のGWまでロングシーズンに渡り、札幌から一番近くでパウダースノーを満喫できます。

 

富良野スキー場

富良野

●2020年11月21日~2021年5月5日までオープン予定

北海道富良野市にある「富良野スキー場」は、大雪山連峰を眺めながら、4kmを超えるロングクルージングが楽しめる人気のスキー場です。

5月のGWまで営業とロングシーズン楽しめるのも魅力的なスキー場です。

人工降雪機もあり、富良野市街地からのアクセスも良好、地元グルメや観光・アフタースキーも選択肢が豊富と、きっと充実のスノーライフを送れるはず。是非遊びに行ってみてくださいね。

 

SNOW CRUISE ONZE(スノークルーズオーンズ)

●2020年11月20日~2021年3月28日までオープン予定

北海道小樽市にある「SNOW CRUISE ONZE(スノークルーズオーンズ)」は、札幌・小樽からアクセス抜群!のスキー場です。

標高がそれほど高くないため、人工降雪機を使っていますが、石狩湾が目の前に広がる抜群のロケーションや、札幌からの無料送迎バス、素材にこだわったゲレ食が魅力的です。

また9時~23時までとロングタイム営業を実施(※時期により異なります)、ナイターでは全照明をLED照明に変えたことにより、従来よりも明るいナイター!を楽しめるのが嬉しいですね。

 

キロロスノーワールド

キロロ

●2020年11月28日~2021年5月5日までオープン予定

北海道余市郡赤井川村にある「キロロスノーワールド」は、札幌から約60分の本格スノーリゾートです。

ここでは降雪が多い時には約5mを超える積雪に恵まれ、人工降雪機は使わずに、いつでも北海道で最高レベルの雪質・パウダースノーが堪能できちゃいます。

世界に誇れるパウダースノーを、ゴールデンウィークまで長期間に渡り楽しめるのも魅力的ですね。新千歳空港から約100分/札幌市内からわずか60分と好アクセスで、極上の雪質に出会える人気のスキー場です。

 

ニセコマウンテンリゾートグラン・ヒラフ

ニセコグランヒラフ

●2020年11月21日~2021年5月5日までオープン予定

北海道虻田郡倶知安町にある「ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ」は、ニセコエリアの4つのスキー場の中でも最大規模を誇り、極上の雪質・パウダースノーを兼ね備えたウィンターリゾートです。

昨シーズンは11月23日から営業スタート!とニセコエリアでも一番早くオープンし、5月のGWまでロングシーズン楽しめるのも魅力的ですね。

ここでは人工降雪機は設置無し!最高の雪質の中でのんびりとリゾートスキーを楽しめますよ~。日本百名山に数えられる羊蹄山を眺めながら、是非上質のパウダースノーをご堪能くださいね。

 

ニセコアンヌプリ国際スキー場

ニセコアンヌプリ

●2020年11月28日~2021年5月5日までオープン予定

北海道虻田郡ニセコ町にある「ニセコアンヌプリ国際スキー場」は、ニセコエリアの4つのスキー場の中でも初級者やファミリーが安心して楽しめる!ワイドでやさしいコースが豊富なスキー場です。

5月のGWまでロングシーズン楽しめるのが魅力です。

落ち着いた雰囲気のスノーリゾートで、晴れた日に羊蹄山を眺めながら最長4,000mものロングクルージングは爽快!上級者も充分に楽しめます。ご家族で極上のパウダースノーを満喫したいのなら、是非こちらのスキー場へ滑りに行ってみてくださいね。

 

ルスツリゾート

北海道スキー イメージ ルスツ

●2020年11月21日~2021年4月4日までオープン予定

北海道虻田郡留寿都村にある「ルスツリゾート」は、北海道最大級の高原リゾート内にあるスノーリゾートです。雄大なロケーションに位置し、人工降雪機無しで極上のパウダースノーを堪能できちゃいます。「ウエストMt.」「イーストMt.」「Mt.イゾラ」の3つの山に広がる全37コースで、雪遊びの幅が広がる雪原フィールドが魅力的です。

新千歳空港から約90分と好アクセスなのも人気の理由の1つです。その他にも、豊富な北海道グルメや、煌びやかで幻想的な夜、全て揃うルスツリゾートでは、北海道の冬旅を満喫できること間違いなしですね!

 

ニセコビレッジスキーリゾート

北海道 ニセコヴィレッジ

●2020年12月1日~2021年04月4日までオープン予定

北海道虻田郡ニセコ町にある「ニセコビレッジスキーリゾート」は、羊蹄山を望む大自然に広がるパウダーの聖地とされるスキー場です。

最高のスノーパウダーの中で、スキー・スノボだけでなく、スノーモービル・スノーシューングなども楽しめるのが嬉しいですね。原生林を縫って滑る「林間コース」はマウンテンリゾートそのもの!で、国内屈指の長いパウダーを堪能できるクルージングコースもあります。大自然とスノーパウダーを満喫したい方におすすめしたいスキー場です。

 

星野リゾートトマムスキーリゾート

北海道 トマム

●2020年12月1日~2021年4月4日までオープン予定

北海道勇払郡占冠村にある「星野リゾート トマム スキーリゾート」は、北海道のほぼ中央に位置する約1,000haの広大なリゾートにあるスキー場です。

人工降雪機無しで、広い緩斜面・上部の急斜面と新雪エリア・程よい中斜面など、スキーヤーが満足する要素がたっぷりのゲレンデが魅力的です。

その他にも、幻想的な雪と氷の世界「氷の街アイスヴィレッジ」や、氷と大自然が織りなす神秘的な景色が見られる「霧氷テラス」等が人気。新千歳空港から約90分の場所にあり、日本初!のスキーインスキーアウトヴィレッジでは冬山を優雅に満喫できちゃいますよ~。今シーズンは星野リゾートトマムで、夢のようなパウダースノーを満喫してみてください!

 

北海道のスキー場で、遅くまでオープンしていたのはどこ?全10件紹介

スノボツアーモデルイメージ画像

 

北の大地、北海道にあるスキー場とはいえ、さすがにずっとオープンしているわけではありませんね。

せっかくスキーやスノボに慣れてきて「今シーズンは、スキー場がクローズするギリギリまで滑りに行きたい!」と考えている方向けに、2018-2019シーズンで遅くまでオープンしていた北海道のスキー場をピックアップ!遅い順に10件ご紹介します。

 

札幌国際スキー場

札幌国際スキー場

●2018年11月22日~2019年5月6日までオープン

北海道札幌市にある「札幌国際スキー場」は、天然の自然雪で、ロングシーズン楽しめるスキー場です。北海道では一番早くにオープンし、GWまでのロング営業。北海道で最も長くスノーライフを満喫できます。パウダースノーと広大なゲレンデはもちろん、最長滑走距離3.6kmなのも魅力的!初心者~上級者まで幅広いレベル層が滑りを楽しめます。

2019-2020シーズンは、2019年11月22日にオープン予定!既にシーズン券の早期限定発売中です。「トリップアドバイザー2018年エクセレンス認証」にも認定された人気のスキー場へ、今シーズンは滑りに行ってみてはいかがでしょう?

 

サッポロテイネスキー場

札幌テイネスキー場

●2018年11月24日~2019年4月30日までオープン

北海道札幌市にある「サッポロテイネスキー場」は、GWまでロングシーズン楽しめる!パウダースノーの聖地ともされる本格的なスキー場です。1972年に札幌オリンピックが開催されたスキー場としても知られ、札幌市内中心部から30分、新千歳空港から60分と好アクセスでありつつ、標高が1,000mを超えていることから豊富な積雪量にも恵まれおり、例年11月中旬にはオープンしています(合わせて人工降雪機も使用)。

何といっても札幌から一番近くで、ロングシーズンに渡り、パウダースノーを楽しめるのが魅力的ですね。2018-2019シーズンは、オリンピアスキーセンターを新設予定!より子どもたちや初心者にやさしいスキー場を目指します。

また既にKWP(K-ウィンターパス、4つのスキー場の共通シーズンリフト券)の予約販売中で、8月31日までに購入すると、早期特典「5,000円分の食事券」をプレゼント!今シーズン滑りに行かれたい方は、お早めにご検討ください!

 

 富良野スキー場

富良野

●2018年11月24日~2019年5月6日までオープン

北海道富良野市にある「富良野スキー場」も、GWまでロングシーズン営業!のスキー場です。北海道の中央に位置する十勝岳・大雪山連峰の雄大な眺望が特徴的で、良質な雪は内陸にあるスキー場ならでは!の魅力ですよ~。最長滑走距離4,000kmのビッグゲレンデには、バリエーション豊富な全23コース、初心者~上級者までレベルを選ばず楽しめます。

例年11月末~GWまでのロングシーズン営業、その上人工降雪機もあるから雪不足の心配は不要ですよ~!富良野市街地からアクセスも良く、地元のグルメや観光・アフタースキーも合わせて満喫できるスキー旅が実現できます。

 

キロロスノーワールド

キロロ

●2018年11月23日~2019年5月6日までオープン

北海道余市郡赤井川村にある「キロロスノーワールド」は、世界屈指のパウダースノーをGWまでのロングシーズン楽しめる本格スノーリゾートです。北海道の空の玄関口「新千歳空港」から約100分/札幌市内からも約60分とアクセス楽々のロケーションにありながら、半年近くものロングシーズンに渡り、世界屈指のパウダースノーに出会えるのは嬉しいですね。

山頂積雪量は5mを誇り、人工降雪機は使わずに、いつでも北海道で最高レベルの雪質!をたっぷりと堪能できます。またここでは、レベルを選ばない多彩な22コースや、豪華な講師陣による高品質のプログラムも魅力的~。今シーズンは是非!キロロスノーワールドで充実のスノーライフを満喫してみては?

 

ニセコマウンテンリゾートグラン・ヒラフ

ニセコグランヒラフ

●2018年11月24日~2019年5月6日までオープン

北海道虻田郡倶知安町にある「ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ」は、日本最大級のスケールと世界に誇れる極上の雪質の両方を備え持つウィンターリゾートです。ニセコエリア4つのスキー場の中でも最大規模で、GWまでのロングシーズンに渡り、天然のパウダースノーをたっぷり堪能できますよ~。

ビギナーからベテランまでが楽しめるバラエティ豊かな全30コースや15基のリフト・ゴンドラや、外国人ゲストも多いので異文化交流ができるのも魅力的ですよ~!

2019-2020シーズンは、2019年11月23日にオープンを予定!今シーズンこそは、日本百名山とされる羊蹄山を眼前に望みながら、極上のパウダースノーを満喫できるスキー旅の計画はいかがでしょうか?

 

ニセコアンヌプリ国際スキー場

ニセコアンヌプリ

●2018年11月23日~2019年5月6日までオープン

北海道虻田郡ニセコ町にある「ニセコアンヌプリ国際スキー場」は、初心者やファミリー層が楽しむことができる落ち着いた雰囲気が魅力的なスキー場です。ハードバーンが多いニセコエリアの中でも、ワイドで緩やかな中斜面バーンが中心のゲレンデで、やさしいコースが充実!例年11月下旬~GWまでのロングシーズンに渡り、極上のパウダースノーを楽しめるのが魅力的ですよ~。

また晴天時に羊蹄山を眺められる大パノラマを、最長滑走距離4,000mものロングクルージングが可能!爽快感たっぷり味わえます。ビギナーやご家族でも、極上のパウダースノーを存分に満喫できる!おすすめのスキー場です。

 

サホロリゾートスキー場

サホロリゾート

●2018年12月1日~2019年4月14日までオープン

北海道上川郡新得町にある「サホロリゾートスキー場」は、山全体がパウダースノーに包まれている!滑り心地抜群のスキー場です。山頂から眺められる雄大な十勝平野は、北海道ならではの絶景景色。晴れた日には特におすすめ!で、大パノラマを見渡しながらの滑りを楽しめますよ~。また豪雪地帯とは違った、水分の少ない、軽くて上質のダウンスノーを楽しめるのも嬉しいですね。

1~2月の冷えた日には、ダイヤモンドダストやサンピラーが見ることができます。ここでは人工降雪機が設置されており、例年12月初旬~4月半ばまでと、春スキーシーズンまで楽しめます。

 

夕張リゾートマウントレースイスキー場

マウントレースイ

●2018年12月8日~2019年4月10日までオープン

北海道夕張市末広にある「夕張リゾート マウントレースイスキー場」は、ゆったりとした滑りを満喫できるのが魅力的なスキー場です。広い敷地内にスキーコースが分散していますが、どのコースも山頂から放射状に広がり、ゴンドラ乗り場に戻れるレイアウト構成なので、初心者の方やご家族連れの方でも安心してスキーを楽しめますよ~。

その他にも、北海道内陸部ならではの上質なパウダースノーや、ナイター営業、初心者でも楽しめる3,500mのロングコース、最大斜度45度の超上級者コースなど、楽しみ方もいろいろ!2017-2018シーズンは4月8日まで営業しており、春スキーシーズンも存分にスノーライフを満喫!今シーズンは是非、遊びに行ってみてくださいね~。

 

ニセコHANAZONOリゾート

ニセコHANAZONOリゾート

●2018年12月日~2019年3月31日までオープン

北海道虻田郡倶知安町にある「ニセコHANAZONOリゾート」は、ニセコアンヌプリ山の北東斜面に位置し、世界最高クラスのパウダースノーを堪能できるスキー場です。上質なパウダースノーを求めたスキーヤー・スノーボーダーが絶賛する雪質や、シーズンを通して降り続ける豊富な雪が魅力的ですよ~(人工降雪機は設置していません)。高速リフトを3本乗り継ぐと、目の前に雄大なアンヌプリ山の山頂!反対側には凛々しい羊蹄山の姿を見られます。

コースバリエーションも豊富で、例年12月初旬~4月初旬までオープンと、長期間に渡り楽しめるのも嬉しいですね!ニセコHANAZONOリゾートでは、既に2019-2020シーズンの冬の早割スペシャルを実施中。9月30日までの予約で、冬のNISSスキーレッスンとNisekoSportsのスキー・スノボレンタルが15%OFF!となります。興味がある方は是非!早めの予約で、お得にスノーライフを楽しみましょう。

 

函館七飯スノーパーク

●2018年12月9日~2019年4月7日までオープン

北海道亀田郡七飯町にある「函館七飯スノーパーク」は、駒ケ岳を望む雄大なロケーションが自慢のスキー場です。函館市内からだとたったの50分とアクセス抜群!日本最長クラス3,319mのゴンドラで一気に山頂へ向かうと、南北海道の大パノラマゲレンデが広がり、雄大な自然を満喫!ロングライドを存分に満喫できますよ~。

またスキーをされない方には、手ぶらでOK!の幻想的な霧氷の世界を体験できるコースがおすすめです。山頂カフェ「PEAK CAFE」で、絶景を見渡しながらのくつろぐタイムもいいですね。2018-2019シーズンは4月7日までのロングシーズン営業、春スキーも楽しめるスキー場です。

 

その他北海道のスキー場オープン情報一覧

北海道スキー イメージ ルスツ

さっぽろばんけいスキー場
2020年未定 2019年は12月13日オープン

カムイスキーリンクス
2020年未定 2019年は12月15日オープン

ひっぷスキー場
2020年未定 2019年は12月25日オープン

Fu's snow area(フッズスノーエリア)
2020年未定

ニセコモイワスキーリゾート
2020年未定 2019年は12月5日オープン

朝里川温泉スキー場
2020年未定 2019年は12月14日オープン

小樽天狗山スキー場
2020年未定 2019年は12月21日オープン

名寄ピヤシリスキー場
2020年未定 2019年は12月26日オープン

和寒町東山スキー場
2020年未定 2019年は12月28日オープン

サンタプレゼントパーク
2020年未定 2019年は12月24日オープン

札幌藻岩山スキー場
2020年12月中旬オープン予定

メムロスキー場
2020年未定 2019年は12月25日オープン

カルルス温泉サンライバスキー場
2020年未定 2019年は12月26日オープン

暑寒別岳スキー場
2020年12月19日オープン予定

網走レークビュースキー場
2020年未定

ニヤマ高原スキー場
2020年未定

ぬかびら源泉郷スキー場
2020年未定 2019年は12月31日オープン

日高国際スキー場
2020年12月26日オープン予定

グリーンピア大沼スキー場
2020年12月26日オープン予定

 

 

まる
北海道のスキー場、さすがに秋にオープンはしてなかったけど、天然雪で11月からオープンしているところもあるんだね~。
しえ
しかもGWまで営業しているスキー場が多くて、営業期間が半年近いスキー場もたくさんあって、ビックリしたよ。
まる
本当だね~。半年もあったら、計画さえ立てれば、何度でも滑りに行けちゃうんじゃない?
ベル
そうだね♪極上のパウダースノーを北海道で是非楽しんでみてね♪

 

こちらの記事もおすすめ

北海道スキーも観光も楽しみたい!札幌から行けるスキー場は?
2018-02-14 10:26:32
北海道の大規模スキー場で滑るなら、ゲレンデに近いホテルに宿泊するのが一番楽です。しかし、せっかく冬の北海道に行く以上...

北海道のスキー場 空港からのアクセス徹底比較
2019-08-27 11:25:05
東京からは飛行機で約90分、大阪からでも約120分と、意外に近く感じられる北海道ですが、スキーやスノボをするためには、空港...

北海道のスキー場 リフト券が安いスキー場は?
2019-08-27 11:25:46
北海道で滑るための費用を考える時は、交通費や宿泊費にばかり注目してしまいがちですが、スキー・スノボ旅行では、その他に...

ライタライター画像 スキー市場情報局編集部ー画像

この記事を書いた人 スキー市場情報局編集部

他の記事を見る

スキー市場情報局スタッフです。スキーツアーのお得な情報や、役に立つ情報を発信していきます!

スキー・スノボツアーについての関連記事

11月オープン予定のスキー場まとめ

11月にオープン予定のスキー場まとめ

twitterをフォロー

ツアーを検索する

出発地選択(必須)
プラン(必須)
出発地(必須)
エリア
スキー場
出発日
人数
宿泊数
総合ランキング
テーマ

もっと見る

follow!