初心者向けスノボ板の選び方 レギュラー・グーフィーって何?

初心者向けスノボ板の選び方 レギュラー・グーフィーって何?

記事作成日: 2018-07-23

スノボーリフト

今年こそスノボを始めたい!と思われているあなたに、ちょっと質問です。「レギュラー」「グーフィー」ってご存知ですか・・・?

初めてスノボをされる方なら、聞き慣れない言葉かと思いますが、レギュラー・グーフィーとは、スノボのスタンスのことを指します。もし、スキー場でスノボ板(ボード)をレンタルするのであれば、お店の方に、レギュラー・グーフィーのどちらのスタンスなのか?を伝える必要がありますので、事前に確認しておきましょう。

今回は、初心者向けのスノボ板の選び方!レギュラー・グーフィーとは何なのか?について、ご説明します。

 

 

まる
あー、レギュラー・グーフィーね! 確かに初めてスノボに行った時は、なんのことやら?・・・と思ったよ。
しえ
うんうん。事前にどちらがいいのか?ある程度は考えておいた方がいいよね~。
ベル
やはりお2人もそう思いますよね~?! これからレギュラー・グーフィーについて説明していきま~す。

レギュラー・グーフィーとは?

まず最初に、「レギュラー」「グーフィー」とは、スノボのスタンスのことです。

スノボ レギュラー グーフィーレギュラーについて

人間は一般的に、正面・前を向いて進むことに慣れていますが、スノーボードは横向きに進むスポーツです。横向きとは、左向きに進む・右向きに進むの2パターンに分かれますが、左足を前にして滑るのを「レギュラー」、右足を前にして滑るのを「グーフィー」と呼んでいます。いわゆる、右利き・左利きのようなものですね!

本来であれば、レギュラー・グーフィーのどちらが滑りやすいのか?実際にスノボで試してから決められたらいいのですが、それぞれスノボ板(ボード)のセッティングも変わってくるため、レンタル前の時点でどちらにするか?をある程度決めておく必要があります。

とはいっても、初めてスノボをされる方にとって、事前にレギュラー・グーフィーどちらにするのか?の判断は難しいものですよね・・・。そこで一般的な判定方法を、以下にまとめてみました。

 

①利き足で決める ボールを右足で蹴る人はレギュラー、左足で蹴る人はグーフィー
②利き目で決める 利き目が左目ならレギュラー、利き目が右目ならグーフィー
③綱引きの際の後ろ足で決める 右足の人はレギュラー、左足の人はグーフィー
④何も考えず歩き出す時の一歩目で決める 左足の人はレギュラー、右足の人はグーフィー
⑤スケボーに乗ってみる 左足が前の人はレギュラー、右足が前の人はグーフィー

 

これらの5つの判定方法は、どれも簡単に確認できる内容となっています。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

 板の長さは?

スノボをする際に気を付けるのは、スノボのスタンス(レギュラー・グーフィー)だけではありません。実は、板(ボード)の長さも大切なんですよ~。というのも、板が長いか?短いか?によって、スノボの滑りやすさが変わってくるからです。

一般的にちょうど良いボードの長さは、ブーツを履かない状態で板を立てた時に、「鼻の下~アゴの下に入るくらいの長さ」だと言われています。もし店舗でボードを購入するなら、身長に対してどれくらいの長さの板がちょうどいいのか?が店内に提示されていますので、それを参考に選んでもいいですね。

または、事前にスキー場で何度かボードをレンタルし、お好みの長さを確認してから購入する方法もあります。

ちなみに一般的には、板(ボード)の長さによって、それぞれ以下のような特徴(メリット・デメリット)があります。

 

①板が長いと、滑っている時にスピードが出しやすく、その分小回りが効かない。

②板が短いと、板をコントロールしやすくターンが楽だが、その分スピードが出ない。

 

スノボ初心者の方なら、②の短めの板を選んだ方が、最初はスノボを楽しく滑れるかもしれませんね~。

 

 

まる
レギュラー・グーフィーの判定方法、どれも簡単に確認できそうですね!私もあとでチェックしてみよう~。
しえ
私も~!スノボ板の長さについても、それぞれメリット・デメリットがあるから、自分のレベルに合わせて選んでみてもいいかもしれませんね!
ベル
はいはーい。今年の冬に初めてスノボへ行きたい方はぜひ!今のうちにレギュラー・グーフィーの判定や、スノボの板の長さの特徴を確認するなど、スノボデビューに向けてご準備くださいね~!

スノボツアー斑尾高原スキー場 初心者講習
2020-12-09 17:16:44
初めてスノボに行く時は、「費用はどのぐらい?」「どんな物が借りられる?」など、わからないことばかりで不安になることも...

ライタライター画像 スキー市場情報局編集部ー画像

この記事を書いた人 スキー市場情報局編集部

他の記事を見る

スキー市場情報局スタッフです。スキーツアーのお得な情報や、役に立つ情報を発信していきます!
twitterをフォロー

ツアーを検索する

出発地選択(必須)
プラン(必須)
出発地(必須)
エリア
スキー場
出発日
人数
宿泊数
総合ランキング
テーマ

もっと見る

follow!