2017-2018 新幹線で行く日帰りスキー・スノボツアースキー市場

2017-2018 新幹線で行くスキー&スノボツアー 日帰りプラン

新幹線で行く日帰りスキーツアー

おすすめ日帰りスキーツアー

RECOMMEND

スキー場から探す

SEARCH

JR「軽井沢駅」から徒歩約10分又はシャトルバス3分 

強力な人工降雪設備のおかげで雪不足の心配が無く、急に予定が空いた日にも日帰りで遊びに行きやすいプリンスホテルスキー場。スキーセンターが軽井沢駅のすぐそばにあるため、新幹線との相性も抜群です。3本ある400mほどの初級コースは平均斜度も8~10度と緩く、効率良く繰り返し練習が行えます。長距離を滑りたくなった時は、中級者向けの「パノラマコース」や「パラレルコース」へ。浅間山を見ながら、気持ちよく滑れます。

軽井沢プリンスホテルスキー場
コース数 リフト数
10 9
最長滑走距離 最大斜度
1,000m 20度

おとな1名様/
日帰り

12,900円~

リフト券付き

JR「軽井沢駅」から無料送迎バスで約50分(要予約) 

軽井沢スノーパークは、お子様のための設備や各種アトラクションが充実している、ファミリーに人気のスキー場です。中でもスノーチュービングのコースは日本最大級の規模で、乗り心地は豪快&爽快。大人でも楽しめるほどの魅力があります。お子様の興味が雪遊びからスキーに変わった時も、緩やかで短いコースが多く、コンパクトで迷ってしまう心配も無いこのスキー場なら、安心して滑ることができます。

軽井沢スノーパーク
コース数 リフト数
6 3
最長滑走距離 最大斜度
980m 32度

おとな1名様/
日帰り

12,000円~

リフト券付き

JR「越後湯沢駅」からシャトルバスで約15分~30分

1949年の開設以来、多くの来場者に愛され続けてきた石打丸山スキー場。「さまざまなタイプのコースが用意されていて、初級者から上級者まで飽きずに滑れる」という昔からの魅力はとても大きいのですが、新たなチャレンジも忘れてはいません。特に、広大なスペースにアイテムを豊富にそろえたスノーパークには力が入れられていて、新アイテムやハイクアップエリアの追加など、毎年のように改良が行われています。

石打丸山スキー場
コース数 リフト数
23 15
最長滑走距離 最大斜度
4,000m 35度

おとな1名様/
日帰り

11,500円~

リフト券付き

JR上越線「上越国際スキー場前駅」0分

東京ドーム200個分以上という、広大な敷地を持つ上越国際スキー場。ですが、内部は東西南北の4エリアに分かれていて、時間の限られている日帰りでも利用しやすくなっています。駅に最も近いのは東側の「マザーズゾーン」で、こちらは初~中級者向けのコースが多く、ファミリー向けの設備からハーフパイプまで用意されている、万人向けのエリアです。この奥には、眺めの良さや難易度など、別の魅力を持つエリアが待っています。

上越国際スキー場
コース数 リフト数
22 25
最長滑走距離 最大斜度
6.000m 38度

おとな1名様/
日帰り

10,300円~

リフト券付き

JR「ガーラ湯沢駅」直結又は「越後湯沢駅」シャトルバス10分

スキーセンターがガーラ湯沢駅と一体化しているため、新幹線利用のメリットがとても大きいGALA湯沢。「SPAガーラの湯」や、靴を脱いですごせる休憩スペース「IRORIラウンジ」など、滑り終えた後に一息つける施設も万全です。初級者向けコースを中心に、中級コースも数多く配置された北エリアと、難コースの集まっている南エリアという2エリア構成となっていて、どなたでも楽しく滑れるスキー場です。

ガーラ湯沢駅
コース数 リフト数
17 9
最長滑走距離 最大斜度
2,500m 33度

おとな1名様/
日帰り

9,800円~

リフト券付き

JR「越後湯沢駅」から無料送迎バスで約15~30分

舞子スノーリゾートは、6,000mもの長さを誇る「ランランコース」や、最大斜度7度・平均斜度6度という非常に緩やかな「ファミリーコース」など、多彩なコースを持つスキー場です。初~中級者向けの舞子エリアと、中~上級者向けの長峰・奥添地エリアに分かれているため、レベルに合ったコースを探して端から端まで移動する必要が無いのも、日帰りでは便利です。お帰りの前に汗を流せる温泉施設も備えています。

舞子スノーリゾート
コース数 リフト数
26 11
最長滑走距離 最大斜度
6.000m 32度

おとな1名様/
日帰り

10,300円~

リフト券付き

JR「越後湯沢駅」からシャトルバスで約10分

2,900mの上級コース「ミルキーウェイ」から、300mの初級コース「アンドロメダ」まで、全14本のコースが上手にまとまっている神立高原スキー場。リフトの配置も良く、日帰りでもサクサク滑れます。バランスの良いコース配分、充実したスノーパーク、さらに非圧雪コースと、どこを取っても隙が無く、誰もがスキー・スノボの楽しさを味わえます。大浴場「神の湯」で入浴していけば、新幹線での帰路も快適です。

神立高原
コース数 リフト数
14 7
最長滑走距離 最大斜度
3,500m 45度

おとな1名様/
日帰り

9,700円~

リフト券付き

JR「越後湯沢駅」からシャトルバスで約2分

湯沢高原スキー場の注目コースは、上部の高原エリアにある「キスゲコース」です。幅80mの斜面が700mも続くこのコースを滑り降りる爽快感はかなりのもの。途中に未圧雪のエリアが用意されているのも、上級者にはうれしいところです。全体に平均斜度が7度や12度といった緩やかなコースが多く、スノーボード滑走禁止の「ファミリーゲレンデ」もあるため、ファミリーでの日帰りスキーにもおすすめです。

湯沢高原スキー場
コース数 リフト数
8 6
最長滑走距離 最大斜度
2,200m 28度

おとな1名様/
日帰り

10,500円~

リフト券付き

JR「越後湯沢駅」からシャトルバスで約20分

湯沢中里スノーリゾートのコースとリフトの配置はとてもシンプルで、複雑なリフトの乗り継ぎをせずにスイスイ滑れます。さらに、無料で入れる大浴場「スパベルク」やブルートレインを利用した無料休憩所などの便利な施設と、ジェットトレインのような楽しいアトラクションもあり、ファミリーで訪れやすいスキー場になっています。中~上級者は、非圧雪のコースや、自己責任の未整備エリアに挑戦することもできます。

湯沢中里スノーリゾート
コース数 リフト数
16 8
最長滑走距離 最大斜度
2,000m 32度

おとな1名様/
日帰り

10,800円~

リフト券付き

JR「越後湯沢駅」から路線バスで約50分

広い敷地の中に配置されたバラエティ豊かな多数のコース、よく整備されたアイテムをそろえたスノーパーク、そしてハイレベルで選択肢も多いゲレ食と、いくつもの魅力を持つ苗場スキー場。コースは初級から上級までバランスよく用意されていますが、平均斜度10度以下のものが5本もあり、初めての方でも安心です。最長4,000mのロングクルーズに挑戦することもでき、美しい景色を眺めながら爽快な滑走を楽しめます。

苗場スキー場
コース数 リフト数
22 13
最長滑走距離 最大斜度
4,000m 32度

おとな1名様/
日帰り

11,300円~

リフト券付き

JR「越後湯沢駅」から路線バスで約50分

Mt.Naebaは、長いゴンドラで結ばれた苗場スキー場とかぐらスキー場からなる巨大なスノーエリアです。「ドラゴンドラ」と呼ばれる、5,481mもの長さがある日本最長のゴンドラからは、眼下に美しい雪景色が楽しめます。初級者向けから上級者向けまで、バランス良くコースが用意されている苗場側の名物は、厳しい斜面が次々と挑んでくる男子リーゼンスラロームバーン。一方、初~中級者向けのコースが多いかぐら側では、「かぐら・みつまた・田代」というタイプの違う3エリアで滑ることができます。

苗場スキー場
コース数 リフト数
45 33
最長滑走距離 最大斜度
6,000m 32度

おとな1名様/
日帰り

13,400円~

リフト券付き

JR「越後湯沢駅」からシャトルバスで約15分

首都圏より近距離の岩原スキー場。安心のワイド&ロングの全20のバーンとコースが一番の特徴です。 横幅の広い岩原名物の一枚バーンから望む景観が魅力のゲレンデです。 初級・中級者向けのコースを多く配置したレイアウトで、どなたにも滑りやすく快適なゲレンデです。 また、最長4km(クルーズコース〜フロントコース)のロングコースなど、目的に合わせた滑りをお楽しみいただけます。

岩原スキー場
コース数 リフト数
20 7
最長滑走距離 最大斜度
1,600m 35度

おとな1名様/
日帰り

10,300円~

リフト券付き

日帰りツアー
人気スキー場ランキング

SKI RESORTS RATINGS

新幹線スキーおすすめ記事

ARTICLE

新幹線で行くスキー
おすすめ情報

RECOMMEND