スノーボード初心者が一番先に覚えるべき木の葉滑りの2つのステップ

スノーボード初心者が一番先に覚えるべき木の葉滑りの2つのステップ

記事作成日: 2019-03-28

スノーボード初心が一番先に覚えるべき木の葉滑りの2つのコツ

スノーボードビギナー代表の私、佐藤あかり。

初めてのスノーボードスクール体験も、ついに最終章までやってきました!

ここまでのレッスンで、緩やかな斜面なら難なく(?)こなせるようになりましたが、問題は少し急な斜面。

スノーボードを横にしてズルズル降りていく「サイドスリップ」は教えてもらいましたが、もうちょっとスムーズに降りられるようになりたい!急斜面を前に、ちょっとビビりながらの木の葉滑りの挑戦です!

スノボー 木の葉滑り方

初心者必見!スクールが教えるスノーボードの滑り方2つのコツ
2019-04-04 08:31:44
佐藤あかりの、初めてのスノーボードチャレンジ! リフトの乗り降りを学んで、ゲレンデの上まで来ちゃいました。 いよ...

ステップ1:サイドスリップから左右に移動する

たんばらスクール画像1

サイドスリップというのは、斜面に対してボードを横に向けたまま、ズリズリと横ズラしさせながら滑っていく方法。これさえマスターしていれば、多少急な斜面があったとしても、なんとかそこはクリアできます。

スノボーサイドスリップとは?

サイドスリップを練習するときに難しかったのは、まっすぐ真下に降りることでした。

ボードの真ん中に立って両足均等に体重を乗せていないと、右へ左へとふらふら移動してしまうのです。

でも、考えてみたら、いつも真下に降りたいわけじゃないですよね。むしろ、右下や左下へと移動できたほうがいいに決まっています。

問題は、「行こうと思ってそっちに進んでいるのか」、それとも「行きたくないのにそっちに行っちゃうのか」の違い。そう、次のステップは、自分で意識して右下、左下へと斜めにスリップさせることなんです。

 

まずは前足(レギュラースタンスでは左足)方向へ。真下へ降りるサイドスリップの状態から、前足にしっかり体重を乗せて、いきたい方向(左)を見ます。

すると、ボードはするすると左方向へ進んでいきます。

 

たんばらスクール画像2

ゲレンデの端っこが近づいてきたら、左ターン(ヒールサイドターン)したときと同じやり方でボードを真横に向けて止まります。

スノーボード初心が一番先に覚えるべき木の葉滑りの2つのコツ

今度は反対側の右方向へ斜めスリップ。

スノーボード初心が一番先に覚えるべき木の葉滑りの2つのコツ

後ろ足に体重を乗せるのはちょっと不安な感じもありましたが、2、3回トライしているうちにできるようになりました!

 

ビギナーのためのマメ知識

~行きたい方向の足に体重を乗せれば、ボードは自然にそっちに進む~

初めてのスノーボード 体重のかけ方

この段階では、ボードが進んでいく方向の足に体重をしっかり乗せることを覚えましょう

これまで、ボードの上に両足均等に乗せていた体重を、右方向に進みたいときは右足に、左方向に進みたいときは左足にと、自分で意識してスムーズに移し替えること(体重移動)ができるようになればOKです。

 

うまく体重移動ができない人は、腕と上半身を補助にするのもひとつの方法。

進みたい方向に腕を軽く伸ばし、進行方向を指差すと同時に少し下げてみましょう。すると、腕を下げた方向に上半身が自然に傾くので、体重移動がスムーズに行われます。

また、腕を広げて構えるのも、バランスを保つ意味で有効な姿勢です。

 

ステップ2:左右に滑り降りて「木の葉」の完成!

こんなふうに、右斜め下、左斜め下と、ゲレンデの幅を広く使って滑り降りる方法を「木の葉」とか「木の葉落とし」なんて呼ぶそうです。

たしかに、木の枝を離れた葉っぱが左右に揺れながら落ちていく様子に似てますよね。

1枚の写真では、どんな動きかわかりづらいと思いますので、連続写真をご覧ください!

 

スノーボード初心が一番先に覚えるべき木の葉滑りの2つのコツ

右斜め下、左斜め下へと横ズレさせながら滑ることができれば、あとはそれを連続的にやっていくだけ。ポイントは、ひとつの方向へ進んだあと、反対方向へ進む切り返しの部分にあります。

ここで慌ててしまうと、バランスが崩れた状態のまま反対側へ進んでいくことになってしまいます。いったんサイドスリップの状態にして、しっかりスピードを落としてから反対方向を目指します。

あせらずに落ち着いて!と自分に言い聞かせながら滑りました。

 

やってみて感じたのは、リラックスしてバランスをとることが大切だっていうこと。

恐怖心から体がガチガチになったり、腰が引けちゃったりしていると、ボードの上にしっかり立てなくなり、その途端にボードはいうことを聞いてくれなくなります。

急な斜面を前にすると、どうしても怖くなって緊張してしまいがち。

そんなときは、ちょっと息を吸って意識的に肩の力を抜くようにするとリラックスできます。落ち着いて滑ることが大切だということがよくわかりました!

スクール付きスキー・スノボツアー【初心者歓迎!スクール付きスキーツアーはこちら】

 

ビギナーのためのマメ知識

~しっかり減速してから逆方向へと向かおう~

スノボー 木の葉滑り方

木の葉落としで大切なのは、しっかりスピードをコントロールしながら斜めに滑り降りること。この段階では、ボードの横ズレの量が少なくなればスピードが増していき、大きくズラせば減速できるということを、感覚で体にしっかり覚え込ませましょう。

 

練習を始めたばかりの人によくある失敗は、しっかり減速し切らないうちに、反対側の方向に進もうとしてしまうケース。

斜めに滑り降りたら、いったん停止するくらいの気持ちで減速します。

それから改めて逆方向へ滑るようにしてみてはどうでしょう。

斜めに滑っている最中でも、スピードが出すぎたと感じたら、サイドスリップですぐに減速!スピードのコントロールができるようになれば、どんな斜面でも安全に降りられるようになりますよ!

 

 

私が今回、1時間半ほどのビギナー向けレッスンで教わったのはここまで!思っていた以上に早く、ひとりで(なんとか)滑れるようになったような気がします。

まだまだ身につけなければならないことはたくさんあるとは思うけれど、インストラクターさんからは「ここまでできれば、あとはどんどん滑ること!」とアドバイスをいただきました。

滑れば滑るほど、感覚は自然に身についてくるのだそうです。

ある程度滑れるようになったなら、次は滑りを楽しむのが上達への道!

よーっし、いっぱい滑るぞー!

 

スノーボード初心が一番先に覚えるべき木の葉滑りの2つのコツ

【協力】:たんばらスキーパーク
https://www.snow-tambara.jp/
【モデル】:佐藤あかり(エヌウィード)

 

ライタライター画像 スキー市場情報局編集部ー画像

この記事を書いた人 スキー市場情報局編集部

他の記事を見る

スキー市場情報局スタッフです。スキーツアーのお得な情報や、役に立つ情報を発信していきます!

スキー・スノボツアーについての関連記事

関東近郊でリフト券が安いスキー場は?

関東近郊でリフト券の安いスキー場は?

twitterをフォロー

ツアーを検索する

出発地選択(必須)
プラン(必須)
出発地(必須)
エリア
スキー場
出発日
人数
宿泊数
総合ランキング
テーマ

もっと見る

follow!