かぐらスキー場へのアクセス・行き方徹底比較

かぐらスキー場へのアクセス・行き方徹底比較

記事作成日: 2017-02-20

かぐらスキー場へのアクセス・行き方徹底比較

新潟県南魚沼郡湯沢町のかぐらスキー場は、11月末~5月末まで長期間に渡って楽しめる広大なスキー場です。初級者から上級者がそれぞれ楽しめるコース、そして小さな子供も遊べるちびっこゲレンデなどがあり、東京から日帰りで行くことができます。

このかぐらスキー場へは、新幹線や高速道路で簡単に行くことができますが、それぞれの交通手段にかかる時間や料金・その便利さには、かなり違いがあります。

今回は、東京から電車・日帰りツアーバス車(マイカー)を利用した場合の、アクセスの違いをまとめてみました。所要時間や料金がどれくらい変わってくるのか?確かめてみましょう!

 

ざっくり、こんな交通手段

  • 電車の所要時間は、どの列車に乗車するのか?みつまたステーション/田代ステーションどちらに行くのか?によって異なりますが、東京駅からだと約1時間30分~2時間5分! 上越新幹線で約1時間10分~30分と、到着駅~スキー場まで有料急行バスで約20分~35分で行くことができます。確実に早く着きたいなら、この方法が断然おすすめ!です。
  • リーズナブルに行きたいのなら、リフト1日券込みの日帰りバスツアーが一番!です。朝出発するバスにただ乗っていくだけで現地に到着できるので、楽々~です。ただし到着までに4時間20分くらいかかります。
  • マイカーでの所要時間は、みつまたステーション/田代ステーションどちらに行くのか?によって異なりますが、東京練馬からだと約2時間5分~2時間20分! 関越自動車道で1時間55分と、I.Cから三国街道/国道17号線で10分~25分で、新潟のスキー場にあっという間に遊びに行けちゃいます。

 

まる
しえちゃん、今度はかぐらスキー場に行ってみない?
しえ
そこって、日帰りで行けるスキー場?次行くなら、出来れば日帰りで行きたいと思ってるんだけど・・・
まる
大丈夫!新潟県とはいっても実はそれほど遠くないから、日帰りできちゃう距離のはず!
しえ
そうなの?まあ、日帰りで車を使って行ける距離なら行ってもいいけど・・・
まる
はい、決まり~!さっそく準備を始めよう!
ベル
おっと! かぐらスキー場に行くなら、新幹線を使うと確実に早く着くよ!それに、安く行きたいなら日帰りバスツアーという手もあるよ? まとめて説明してみるから、どれで行くのがいいのか?考えてみてね!

 

 

電車(新幹線)で行く場合

新幹線イメージ

かぐらスキー場の在来線最寄り駅は、新幹線と同じ「越後湯沢駅」です。新幹線を使わずに行くと、片道料金3,350円~と安く済みますが、所要時間は乗り換えも含めて4時間以上!と、新幹線を使った時に比べて3倍近くの時間がかかります。よって、電車を利用するなら新幹線がベストな選択!ですね。

新幹線で行くには、上越新幹線を使って、東京駅から越後湯沢駅まで1時間10分~30分ほどで着きます。その後、かぐらスキー場までの急行バスに乗って、みつまたステーションまでは約20分、田代ステーションまでは約35分です。

東京駅~かぐらスキー場までの所要時間の合計は、みつまたステーションまで約1時間30分~1時間50分、田代ステーションまで約1時間45分~2時間5分くらいで、現地に到着できることになります。

1. 東京駅 ⇔ 「上越新幹線」 ⇔ 越後湯沢駅

【上越新幹線時刻表(2017年2月10日現在)】

<往路>

平日 土曜・休日
東京駅発 越後湯沢駅着 東京駅発 越後湯沢駅着
06:08発 07:24着 06:08発 07:24着
06:36発 08:06着 06:24発 07:36着
06:44発 07:54着 06:36発 08:06着
07:00発 08:10着 06:44発 07:54着
07:28発 08:54着 07:00発 08:10着
07:48発 09:08着 07:08発 08:26着
08:04発 09:35着 07:28発 08:54着
08:24発 09:44着 07:48発 09:08着
08:52発 10:23着 08:00発 09:13着
09:28発 10:52着 08:04発 09:35着
10:16発 11:35着 08:24発 09:44着
10:40発 11:59着 08:32発 09:53着
10:56発 12:11着 08:52発 10:23着
11:40発 13:00着 09:28発 10:52着
    09:52発 11:11着
    10:16発 11:35着
    10:40発 11:59着
    10:56発 12:11着
    11:40発 13:00着

10:56発は、1/21・27・28、2/3・4・10・11・17・18・24・25、3/3のみ運転
※所要時間は、乗車する列車によって、多少異なります。

 

<復路>

平日 土曜・休日
東京駅発 越後湯沢駅着 東京駅発 越後湯沢駅着
12:08発 13:28着 12:08発 13:28着
13:08発 14:28着 13:08発 14:28着
14:08発 15:28着 13:42発 15:00着
14:28発 15:44着 14:08発 15:28着
15:08発 16:28着 14:28発 15:44着
15:48発 17:00着 15:08発 16:28着
16:02発 17:28着 15:30発 16:56着
16:21発 17:40着 15:48発 17:00着
17:05発 18:20着 16:02発 17:28着
17:12発 18:40着 16:21発 17:40着
17:33発 19:00着 17:05発 18:20着
18:00発 19:24着 17:12発 18:40着
18:12発 19:40着 17:33発 19:00着
18:28発 19:52着 18:00発 19:24着
19:01発 20:12着 18:12発 19:40着
19:13発 20:40着 18:28発 19:52着
19:40発 21:00着 19:01発 20:12着
20:06発 21:28着 19:13発 20:40着
20:36発 22:08着 19:40発 21:00着
21:09発 22:28着 19:51発 21:08着
21:40発 23:08着 20:06発 21:28着
22:24発 23:40着 20:36発 22:08着
    21:09発 22:28着
    21:40発 23:08着
    22:24発 23:40着

14:28発は、1/21・22・27~29、2/3~5・10~12・17~19・24~26、3/3のみ運転
13:42発は、1/22・29、2/5・12・19・26のみ運転
19:51発は、1/21・28、2/4・11・18・25のみ運転

※所要時間は、乗車する列車によって、多少異なります。

【 片道料金 】
≪運賃≫ 3,350円
≪特急料金≫自由席利用 2,800円 / 指定席利用 3,320円 / グリーン席 4,860円
≪合計≫ 6,150円~

また、「モバイルSuica特急券」だと、よりお得になっています。

≪運賃+特急料金の合計≫ 自由席利用・指定席利用5,970円 / グリーン席 8,030円
※運賃を含んだ料金設定です。

 

2.越後湯沢駅 ⇔ 「急行バス」 ⇔ みつまたステーション/田代ステーション

越後湯沢駅~かぐらスキー場までは、南越後観光バスより、有料の急行バスが出ています。所要時間は片道約20分~35分です。また路線バスも運行しています(バスの乗降場所は異なる)

【かぐらスキー場行き 有料急行送迎バス(2017年2月10日現在)】

【 苗場・かぐらシーズン期間:越後湯沢駅⇔みつまたステーション⇔田代ステーション⇔苗場 】

運行期間は、2016年12月10日(土)~2017年4月2日(日)の毎日です。

またシュネー発着は、2016年12月17日(土)~2017年4月2日(日)の期間となります。

<往路>

越後湯沢駅東口発 みつまたステーション発 田代ステーション着 シュネー発 苗場プリンスホテル着
07:35 07:55 08:10 08:25 08:30
08:35 08:55 09:10 09:25 09:30
08:50 09:10 09:25 09:40 09:45
09:35 09:55 10:10 10:25 10:30
10:45 11:05 11:20 11:35 11:40
11:10 11:30 11:45 12:00 12:05

赤字は、土休日のみの運行。

<復路>

苗場プリンスホテル発 シュネー発 田代ステーション着 みつまたステーション発 越後湯沢駅東口着
14:30 14:35 14:50 15:05 15:25
15:20 15:25 15:40 15:55 16:15
16:15 16:20 16:35 16:50 17:10
16:40 16:45 17:00 17:15 17:35
17:20 17:25 17:40 17:55 18:15

 

【 かぐらシーズン期間:越後湯沢駅⇔みつまたステーション⇔田代ステーション 】

運行期間は、2017年4月3日(月)~5月7日(日)の毎日です。

<往路>

越後湯沢駅東口発 みつまたステーション発 田代ステーション着
07:35 07:55 08:10
08:50 09:10 09:25
09:55 10:15 10:30
11:20 11:40 11:55

 

<復路>

田代ステーション発 みつまたステーション発 越後湯沢駅東口着
12:00 12:15 12:35
15:10 15:25 15:45
16:30 16:45 17:05
17:40 17:55 18:15

 

【 かぐら初滑り・かぐらファイナル期間:越後湯沢駅⇔みつまたステーション 】

運行期間は、2016年11月19日(土)~12月9日(金)および2017年5月8日(月)~5月28日(日)の毎日です。

<往路>

越後湯沢駅東口発 みつまたステーション発
07:50 08:10
08:45 09:05
09:55 10:15
11:35 11:55

<往路>

みつまたステーション発 越後湯沢駅東口着
15:40 16:00
16:30 16:50
17:10 17:30

 

【 料金】

越後湯沢駅(東口)~みつまたステーション:大人380円、子供(小学生まで)190円

越後湯沢駅(東口)~田代ステーション:大人530円、子供(小学生まで)270円

越後湯沢駅(東口)~苗場プリンスホテル:大人660円、子供(小学生まで)330円

※運賃は、1回の乗車ごとにかかります。

※追加料金:スキースノーボード持ち込み料金100円、大型手荷物100円がかかります。

また、新幹線を利用する場合、スキーツアー予約サイト「スキー市場」にて、「新幹線で行く、日帰り かぐらスキー場(自由席)」というパッケージプランが販売されています。このプランは、普通車自由席プランで指定席への変更はできませんが、東京・上野・大宮駅からの新幹線往復+リフト1日券がワンセットで「13,200円(Aプラン)」と、大変お得になっており、おすすめ!です。(通常は、新幹線だけでも片道6,150円~、リフト1日券は4,700円~) また追加料金2,600円でレンタル付きのBプランに変更もできます。

 

 

ツアーバスで行く場合

バス内観

東京から日帰りで行ける距離のかぐらスキー場へは、スキーツアー予約サイト「スキー市場」で販売されている新宿発日帰りバスツアーで行くこともできます。

バスツアーの最大の魅力は、なんといってもその「リーズナブルな料金!」ですよね。

新幹線で往復するよりもずっとお安く、しかもリフト1日券付がセットで、9,900円~と、大変お得になっていあす。(料金は日程によって多少異なります) またレンタルのボードまたはカービングスキーセット付きのプランもスペシャルプライスで提供されており、リーズナブルだけでなく身軽に!スキー場で楽しむこともできます。

日帰りバスツアーは、朝出発するバスにただ乗っていくだけで、スキー場まで直接連れて行ってくれるので、車を持っていない人・雪道の運転に自信がない人にもおすすめです。出発地は「新宿」となり、出発してから到着するまでの所要時間は、4時間20分くらいです。帰りは16時半~17時頃にかぐらスキー場を出発するので、滞在時間は約5時間半~6時間ほど。スキーを日帰りで満喫するには十分な時間ですね!

 

 

車で行く場合

比較 宿泊 車

日帰りでスキーといえば車でアクセスが一番!と思っている人も多いことでしょう。 東京からかぐらスキー場へも、車で十分日帰りできる距離になっています。

東京練馬から出発の場合

■距離・・・みつまたステーション/約177km、田代ステーション/約183km
※通常は約2時間5分~2時間20分。スキーシーズンは渋滞・雪道を考慮する必要があります。

■経路・・・関越自動車道 練馬I.C⇒湯沢I.C(約1時間55分)⇒三国街道/国道17号線 かぐらスキー場(みつまたステーション/約10分、田代ステーション/約25分)
※湯沢I.Cからは、みつまたステーション/8.7km、田代ステーション/15.3kmです。

■料金・・・有料道路代(通常4,720円)×往復=9,440円
その他ガソリン代(往復) みつまたステーション/約4250円、田代ステーション/約4400円

※有料道路代については、ETC限定割引あり。適用要件によって異なります。
通常:4,720円
ETC:4340円
休日(終日):3,380円
深夜(0~4時):3,040円
平日朝夕割引(6-9/17-20):ETCマイレージサービスに登録した人限定で、無料通行分を還元
還元率30% 5~9回 750円分
還元率50% 10回以上 1,260円
※ガソリン代は、車の燃費によって多少異なります。

 

まる
スキーにいくなら『車が一番!』って思っていたけど、他の方法もいいかも?!ベル君のおすすめは、どれ?
ベル
とにかく確実に早く着きたいなら、新幹線かな。車の方が早く着くこともあるけど、新幹線なら渋滞の心配はないし、ゆっくり出発しても、確実に午前中に着けるしね。
まる
いいねぇ、新幹線!駅からスキー場までみつまたステーション/田代ステーションどちらに行くのか?によって変わるけど、約1時間半~2時間5分で着いちゃうもんね!
しえ
でも、渋滞のリスクがあってもスキー場に早く着いてコストパフォーマンスもいいのは、車だよね。ガソリン代と合わせても、車1台につき往復14,000円で足りちゃうし。2人で割り勘したら7,000円くらいだから、新幹線の片道分の料金だけで行けちゃう!車に乗る人数を増やしたら、その分安くなっていくし・・・。
ベル
確かに車は安くて早く着くし、みんなでレジャー気分を楽しみながらスキー場に行けるのはいいよね。ただお得感から言うと、日帰りバスツアーもかなり安いんじゃない?1日リフト券付だし!
しえ
あぁ、確かにそうだね~。
ベル
それに、日帰りバスツアーの場合は、ただ単に乗っているだけでスキー場まで連れて行ってくれる!雪道の運転や、乗り換えなど必要ないのが、なんといっても楽なんだよ!
まる
日帰りとは言ってもスキーって意外と荷物多いし、新幹線からバスに乗り換えるのは結構大変だもんね~。
ベル
そうそう。どのアクセス方法にしても、それぞれメリットデメリットがあるから、どれが一番いいのか比較して選んだらいいんじゃないかなぁ?
まる
ありがと、ベルくん! さっそく、しえちゃんに選んでもらおうかな!
しえ
・・・え、まるちゃんも、一緒に相談しようよ~!!!

 

「東京から新潟」と聞くと、ちょっと日帰りするには遠すぎるのでは?と思ってしまいますが、新幹線や車では約1時間半~2時間20分で行くことができ、東京からだと意外に利用しやすいロケーションにあるスキー場です。

また、かぐらスキー場の魅力は、アクセスの良さだけではありません!

良質なディープパウダー・コブ・急斜面が楽しめる中上級者向けのダイナミックなゾーン「かぐらエリア」、美しい景色の緩やかな斜面を楽しめるファミリー初級者スノーボーダーに人気のゾーン「田代エリア」、地形を生かしたパークやちびっこゲレンデなどで楽しめる子供から大人まで人気のゾーン「みつまたエリア」の3つのエリアに分かれています。またそれぞれのスキーのレベルごとに楽しめる、合わせて6つのコース・3つのバーン・3つのパークが設置されています。

また、ゲレンデデビュー・レベルアップしたい人向けのスクール、そしてイベントやグルメも充実しているので、カップルやファミリー・小さな子供連れでも1日中飽きることなく遊べます。お隣の苗場スキー場にも行けちゃうのもいいですね!

ちょっと日帰りできてガッツリ遊べるスキー場に行きたいなぁと思った時は、「かぐらスキー場」へ行って、充実の スノーライフを満喫してみてはいかがでしょうか。

 

かぐらスキー場基本情報

  • スキー場名:かぐらスキー場
  • 住所:
    みつまたステーション:〒949-6211 新潟県南魚沼郡湯沢町三俣742
    田代ステーション:〒949-6212 新潟県南魚沼郡湯沢町三国1066
  • 電話番号:
    みつまたステーション:025-788-9221
    田代ステーション:025-789-3111
  • URL:http://www.princehotels.co.jp/ski/kagura/
  • 営業時間:リフトの営業時間は公式サイト参照
  • 駐車場:
    収容台数:みつまたステーション/1,200台、田代ステーション/800台       
    駐車料金:1台500円
  • アクセス:上記記事内容参照
ライタライター画像 スキー市場情報局編集部ー画像

この記事を書いた人 スキー市場情報局編集部

他の記事を見る

スキー市場情報局スタッフです。スキーツアーのお得な情報や、役に立つ情報を発信していきます!

スキー・スノボツアーについての関連記事

春スキーを楽しもう!GWまで滑れるスキー場!

春スキーを楽しもう!GWまで滑れるスキー場!2021年4月・5月編

人気があるスキー場10選!それぞれが人気な理由と魅力をご紹介!

人気があるスキー場10選!それぞれが人気な理由と魅力をご紹介!

関西近郊の日帰りで行けるおすすめのスキー場16選

関西近郊の日帰りで行けるおすすめのスキー場16選

twitterをフォロー

ツアーを検索する

出発地選択(必須)
プラン(必須)
出発地(必須)
エリア
スキー場
出発日
人数
宿泊数
総合ランキング
テーマ

もっと見る

follow!