首都圏から日帰りで行ける!おすすめスキー場10選

首都圏から日帰りで行ける!おすすめスキー場10選

記事更新日: 2017-02-14 15965pv

スキー場

スキー・スノーボードには行きたいけど、「泊まりだと家族や恋人の許可がでない」とか、
土日両方の休みはなかなかとれない」とか、
宿泊費も考えると費用が高い」とか、
泊まりで一緒に行ってくれる友達がいない」とか、
いろんな理由があって行くのをあきらめていませんか?

あきらめるのはまだ早い!
日帰りでもさくっと、リーズナブルに
行けるスキー場はたくさんある
んですよ。

今回は首都圏から日帰りで行けるお勧めのゲレンデを集めてみました。

今まで、スキー・スノーボードに行けていなかった人、
数年ご無沙汰な人はこちらを参考にぜひ今年は行ってみてくださいね!

朝発日帰りスキー・スノーボードツアー

丸沼高原スキー場

丸沼高原

沼田エリアの一番奥にあり、標高が高く、雪質がいいスキー場。
ゴンドラ1本で頂上にアクセスでき、最長滑走距離4000メートルのロングラン滑走が可能!パーク好きのために、スノーパークを拡大し、シーズンインからクローズまでアイテムを設置しているし、パウダー好きのために、パウダーの可能性がある日には非圧雪エリアを拡大している。
どんな滑走スタイルでもたのしめる。

 

たんばらスキーパーク

たんばら

初心者に最適な、斜度がほとんどなく広いバーンと、
中級者も満足できる頂上付近の斜度のあるバーンの2つの顔を持つスキー場。
上級者はやや物足りないので注意が必要。
ソリ専用ゲレンデ「キッズパーク」もありお子様連れも安心!

 

川場スキー場

川場

中・上級者コースの比率が高く、最長3,300メートルのロングラン滑走もできる。
首都圏近郊ゲレンデの中では本格的な滑走ができるスキー場の1つ。
人工モーグルバーンも常設している。
コース幅が狭いのと、初心者用のコースはないに等しいため、初心者は注意。

 

ハンターマウンテン塩原

ハンターマウンテン塩原

ゲレンデも初心者から上級者まで楽しめるゲレンデ。
全体的にリゾート感があって、みんなでワイワイするのに向いている。
ただし、雪質は新雪を楽しめるゲレンデではないのでそこのところは肝に銘じておこう。

 

軽井沢プリンスホテルスキー場

軽井沢プリンスホテルスキー場

軽井沢駅のすぐそばにあるスキー場。全体的になだらかなコースが多いので家族連れや、久しぶりにスキーをする方にはにはオススメ。全体的にコース幅も広いので練習にも向いている。

 


神立高原スキー場

神立高原スキー場

首都圏・関東から一番近い100%天然雪のスキー場!バラエティー豊かな全13コース!北斜面のため、湯沢エリアのスキー場の中では雪質がいい!
スキー場内に入浴施設「神の湯」や仮眠室、リラクゼーション設備などがあり、スキーに疲れたらすぐに一休みできる。

 

ふじてんスノーリゾート

ふじてん

人工雪だが、自然雪に比べ溶け難く良質な人工雪を作り出すスノーマシンを駆使していることを特徴とするスキー場。そりコースやスカイトランポリン等の子ども向けの施設も充実しているため家族連れにもおすすめ。

 

富士見パノラマリゾート

富士見パノラマ

8人乗りのゴンドラがメインの縦長のゲレンデで最長3000m、標高差730mのロングクルージングを楽しめる!その名の通り、ゴンドラからは、富士見一体や、八ヶ岳、富士山などを見ることができ眺めも楽しめる。

 

カムイみさかスキー場

カムイみさか

人工雪主体のスキー場。全てが初心者コースで初心者には最適。初心者向けゲレンデだけはあり、スクールが充実。スタッフも信頼できるのでスクールに入るならカムイみさかスキー場はおすすめ。練習にはもってこいのスキー場。

 

佐久スキーガーデンパラダ

佐久スキーガーデンパラダ

このスキー場はなんと、パーキングエリアと直結している日本唯一のスキー場!
佐久平PA上り線側と直結しており、パーキングエリアからエスカレーターにてゲレンデまで行くことができる。人工雪ではあるが、コース数は7本と充実している。
晴天率は90%!青空の下で滑りたいという要望にこたえてくれる。

 

以上が、スキー市場がオススメする日帰りで行けるスキー場10選です。

マイカーで行くも良し、格安日帰りスキーツアーで行くも良し。

今年は、気軽に日帰りスキーはいかがでしょうか?

ライタライター画像 スキー市場情報局編集部ー画像

この記事を書いた人 スキー市場情報局編集部

他の記事を見る

スキー市場情報局スタッフです。スキーツアーのお得な情報や、役に立つ情報を発信していきます!
twitterをフォロー

総合ランキング

テーマ

もっと見る

ゲレンデ情報

地域別テーマ

もっと見る

follow!