スキー場では滑る派?それとも休憩派?

スキー場では滑る派?それとも休憩派?

記事作成日: 2015-08-28

スノボツアーモデルイメージ画像

今がシーズン真っ盛り!スキーやスノボの季節で、待ちに待った感があるのではないでしょうか。白いゲレンデを想像しただけでウキウキしてくるし、彼や彼女と一緒に行くのも楽しみですね。
一方で、天候によっては思ったより寒さが厳しい時もあり、ついつい休憩所で長居、なんてこともあるかもしれません。ゲレンデで元気に滑る人も多いですが、スキー場の休憩所も結構混んでいるように見えます。
実際のところはどうなのか、ちょっと気になったので、アンケートを取ってみました。

滑るよりもレストラン等の休憩所にいる方が正直好き・・・。

 

【質問】
滑るよりもレストラン等の休憩所にいる方が正直好き・・・。

 

【回答数】
はい:46
いいえ:54

僅差でスキー場に行ったら滑る人の方が多い!

アンケートの結果、「いいえ」と答えた人が、54%でした。やはり、折角行ったスキー場では滑る派の方が多いですね。
・レストランなどの休憩所にいるのもいいですが、やっぱり滑る方が楽しいからです
・せっかく来たので滑りたいです。季節も限られているので遊ばないともったいない
・滑り行っているのだから、休憩が好きは無いでしょう、いやならすべりに最初から行かなければよい
・どうせ行くならその場でしかできないことをたくさんしてから休憩するのが良い
・正直スノボを始めてすぐの頃は体力もなくすぐ疲れてしまっていたため、レストランでずっと休憩していたいと思っていましたが、ある程度滑れるようになってくると滑っているほうが楽しく思えるようになりました
やはり、スキーやスノボで滑ることが好きという人が多いですね。滑るために来たのに、休憩するのが好きというのは、何のためにわざわざ時間とお金を掛けてスキー場まで足を運んだのか、ということでしょうか。
確かに、スキーやスノボもやり始めの頃は、なかなか思うように滑ることが出来なくて、その楽しみが分からないというのもあるんでしょうね。
自在に滑れるようになると、その楽しさが分かって来て、少しでもゲレンデにいたいと思う様になるのかもしれませんね。

それでも、休憩所にいる方が好きという人も多い!

アンケートの結果、「はい」と答えた人が、46%となり、休憩所にいる方が好きな人も結構多いですね。
・滑ることが好きじゃないから。スキー場へは、周りに誘われてしかたなく行くことしかない
・スポーツが苦手で特にスキーは、まるでダメ。付き合いでゲレンデに行くけど休憩所にいる方が多い
・ひたすら滑りまくります。食事は車でとったりします。人ごみは苦手なので
・昔は滑る事に夢中でしたが、最近は寒いのとそれ程滑りたくないので、お茶してる方が好きです
・年を取って疲れやすくなってしまったので休憩していることも多くなりました
休憩所にいる方が好きという人は、滑ることがそもそも好きでなかったり、苦手にしている人が多いようですね。
あるいは、疲れやすくなったり、寒さに弱くなったからということで、休憩所にいることが多くなったという人もいますね。
中には、ガンガン滑って、車で休憩するという人もいました。休憩所にいる方が好きというのにも、人により様々意見はあるようですね。
基本的に自分から滑りたくて行く訳ではなかったり、体力的にちょっと無理があるというのであれば、どうしても休憩所に足が向いてしまうということなのでしょう。

スキー場の楽しみ方は人それぞれで良い!

アンケートの結果、スキー場に行ったら、滑る方が良いという人が僅差で多い結果となりました。滑る方が好きと答えた人は、滑るのが楽しいということで、時間を惜しんでガンガン滑るという感じですね。
スキーやスノボを思いのままに操って、自分の狙ったラインをクリアする爽快感が良いのでしょうね。
休憩所が好きと答えた人も、お付き合いでスキー場に行ったという人も少なくないようですが、それでも自分の体力を考えたり、お茶をすることの楽しさを感じている人もいるようなので、人それぞれのペースで楽しめれば良いのではないでしょうか。
スキー場というロケーションで、その楽しみ方は、いろいろあるということですね。

 


調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2015年1月9日~1月13日
有効回答数:100サンプル 

ライタライター画像 スキー市場情報局編集部ー画像

この記事を書いた人 スキー市場情報局編集部

他の記事を見る

スキー市場情報局スタッフです。スキーツアーのお得な情報や、役に立つ情報を発信していきます!
twitterをフォロー

ツアーを検索する

出発地選択(必須)
プラン(必須)
出発地(必須)
エリア
スキー場
出発日
人数
宿泊数
総合ランキング
テーマ

もっと見る

follow!