スノボ用のグローブは大きく分けて3タイプ。それぞれのメリット、デメリットは?

スノボ用のグローブは大きく分けて3タイプ。それぞれのメリット、デメリットは?

記事更新日: 2019-12-01

スノボ用のグローブは大きく分けて3タイプ。それぞれのメリット、デメリットは?

スノーボード用のグローブに求められる機能は、まずは防寒性と安全性。また、汗をかきやすい手がグローブの中で蒸れないような通気性も大切です。

そして、転倒することの多いビギナーのうちは確実に雪で濡れるので、もちろん防水性はとても重要になります。そのため、近年ではゴアテックスなどの防水透湿性素材を使用したタイプも多く出回っています。それでは、スノーボード用のグローブに関する知識を深めていきましょう。

スノーボード用グローブは、どんな特徴をもっているの?

使用される素材としては、レザータイプはポピュラーですが、高価な上にメンテナンスにも手がかかるので、最初に選ぶのは避けたほうがよいでしょう。

また、春用としてウエットスーツに用いられるような素材を使ったものもあり、これは最初から濡れることを前提として作られています。グローブは使用による劣化が激しいアイテムなので、可能であれば真冬用と春用の2つを用意しておくとよいのではないでしょうか。

また、スノーボード用グローブには、インナーグローブが付いているものとそうでないものがあります。インナーグローブ付きは装着時に多少面倒ですが、多量の汗をかいたときなど、インナーだけを外して洗えるなど、メリットの多いタイプです。

ところで、リフトからの落し物にグローブが多いということを知っていますか。リフトの上では手が蒸れるのでグローブを外すという人が結構多いのですが、このときにうっかり落としてしまうことがあるのです。

スノーボード用グローブにはたいてい、手首につけるひもが付いているので、これを忘れずに手首に通しておきたいもの。ちょっとした気遣いで落下を防ぐことができます。

 

大きく分けて3タイプ、それぞれのメリット、デメリット

スノーボード用グローブには、大きく分けて次の3つのタイプがあります。

《5フィンガー》
5本の指が独立しているタイプです。

《3フィンガー》
親指と人差し指、残りの3本の指に分かれているタイプです。

《ミトン》
親指だけが独立しているタイプです。

5フィンガーは、バインディングのラチェットを締めたり、ポケットからものを出し入れしたりといった細かな作業も可能で、もっとも一般的なタイプです。

ミトンは細かい作業には向いていませんが、比較的保温性が高く、しかも女性にとってはちょっとかわいらしくてお洒落に見えるのが魅力。また指先がほつれるといったトラブルも起きにくいといえます。

5フィンガーとミトンのいいとこ取りともいえるのが、最近増えている3フィンガータイプです。こちらは細かい作業にもある程度対応でき、しかもミトンのように暖かいというのが特徴です。

ビギナーであれば、どのタイプを選んでも問題ありませんが、メンズなら5フィンガー、レディスならミトンというのが、一般的な傾向といえます

 

手が汗で蒸れてもグローブを快適に使えるワザとは?

スノボ用のグローブは大きく分けて3タイプ。それぞれのメリット、デメリットは?

寒いシーズンのスポーツといっても、スノーボードの運動量はかなり大きく、想像以上に汗をかいてしまうもの。ましてやビギナーなら、最初は転倒しては起き上がっての繰り返しになるため、グローブの中も汗でぐっしょりという状態になってしまうことでしょう。

インナーグローブ付きのタイプであれば、外して洗えるので便利ですが、もしそうでなくてもおすすめのワザがあります。

それは、ホームセンターなどで手軽に購入できる、白い綿やナイロンの手袋をインナーとして使う方法です。綿は乾きにくいので、長時間の使用には不向きですが、何枚かをジャケットのポケットに入れておいて、使い捨てにすれば常に快適です。

一方、ナイロンのタイプならば、滑りがいいのでグローブを着けたり外したりするのもスムーズになります。しかも、これらのワザはグローブの寿命を延ばすこともできるので、ぜひ試してみてくださいね!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

全5色 GORE-TEX ゴアテックス スノーボード スキー ミトン グローブ ...
価格:4950円(税込、送料無料) (2020/3/6時点)

 

 

 

 

 

 

ライタライター画像 スキー市場情報局編集部ー画像

この記事を書いた人 スキー市場情報局編集部

他の記事を見る

スキー市場情報局スタッフです。スキーツアーのお得な情報や、役に立つ情報を発信していきます!
twitterをフォロー

ツアーを検索する

出発地選択(必須)
プラン(必須)
出発地(必須)
エリア
スキー場
出発日
人数
宿泊数
総合ランキング
テーマ

もっと見る

follow!