目的別に選ぶ白馬のスキー場

目的別に選ぶ白馬のスキー場

記事更新日: 2016-04-25 274pv

目的別に選ぶ白馬のスキー場

長野県北西部に位置し、1998年長野オリンピックの舞台となったことでも知られる白馬エリア。古くからウィンタースポーツのメッカとして人気が高く、近年は世界中から多くの外国人ビジターが訪れて賑わう屈指のスノーリゾートです。標高3000m級を誇る北アルプスの麓にスケールの大きなスキー場が点在し、良質で豊富な積雪量や雄大な景色が最大の魅力となっています。そんな白馬エリアでスキー&スノーボードをより一層楽しむために、目的別にオススメのスキー場を紹介していきましょう。

目的別に選ぶ白馬のスキー場

 

上級者を唸らせるハードなバーン&極上パウダーを味わうなら!
<白馬八方尾根スキー場>

国内でも最大規模を誇る白馬八方尾根は、長野オリンピックのスキー滑降競技の舞台となった由緒あるスキー場。その名のとおり、尾根が八方に伸び、縦にも横にも広がるビッグスケールが魅力です。全体的に斜度があり、中上級者向けのコースが中心なので、滑り応えは十分。ゲレンデトップの標高は1830mで、間近に拝める北アルプスの山々や、麓の街を見わたす景色はまさに絶景です。標高が高いので雪質も最高で、降雪後はフレッシュパウダーを狙って多くのパウダー好きが集まります。八方尾根なら、ストイックに滑りのスキルを磨くのに最適ですよ!

目的別に選ぶ白馬のスキー場

 

ビギナーも安心の超ワイドな緩斜面と多彩なコースバリエーションが魅力
<栂池高原スキー場>

栂池高原スキー場は、超ワイドな斜面を持つオールラウンドなスキー場で、初心者から上級者まで満足させてくれます。ゲレンデは中~緩斜面を中心にワイドに広がり、はじめてスキー&スノーボードにチャレンジする人の練習にもピッタリです。コース幅がなんと2,000mの緩斜面が広がる鐘の鳴る丘ゲレンデなら、安全・快適に楽しく上達できちゃうはず。また上級者向けの非圧雪コースやチャレンジングな急斜面、パークも整備されているので、年齢やレベルを問わずに全員が楽しめるでしょう。

目的別に選ぶ白馬のスキー場

 

豊富なアイテムが揃う充実のパークでフリースタイルテクニックを磨け!
<白馬五竜&Hakuba47>

スロープスタイルがオリンピック競技となったり、ハーフパイプでの日本人選手の活躍もあり、若者を中心に人気の高いパーク。白馬でパークをメインに楽しみたいなら、47がオススメです。パークはゴンドラから降りてすぐのコース・ルート4に設置されていて、ハーフパイプ、キッカー、ジブアイテムがバランスよく配置されています。またパーク初心者向けのビギナーパークもあり、パークははじめてという人も安全にトライできます。47パークにはよくプロライダーも訪れるので、プロの技を間近で見ることができるチャンスがあるのも嬉しいポイントです。

目的別に選ぶ白馬のスキー場

 

ヒットポイント満載のコースで、目指せオシャレな地形あそび名人!
<白馬岩岳スノーフィールド>

岩岳は白馬エリアで唯一の独立峰で、山頂からは360°の絶景を拝むことができるゲレンデです。その魅力はなんと言っても自然地形を活かしたコースレイアウトで、コースには至る所に壁や落ち込みなどのヒットポイントが点在します。そう、パークに行かなくとも、フリーライディング中に飛んだりコスったりと、フリースタイルなアクションを存分に堪能できちゃうんです。地形遊びには無限の遊び方があるので同じコースを何度滑っても飽きないし、さらりとテクニックを披露すれば注目されること間違いなし! さらに降雪後には非圧雪コースで極上パウダーも満喫できます。岩岳は、ワンランク上のオシャレな遊び方をしたい人にピッタリのフィールドなのです。

目的別に選ぶ白馬のスキー場

 

キッズも大満足! ファミリーでのんびり雪遊びを楽しもう
<白馬コルチナスキー場>

海外を思わせる真っ赤な屋根の大型リゾートホテルが目印のコルチナスキー場は、白馬エリア最北に位置します。ゲレンデはグリーンプラザホテルと一体となっているので、宿泊者はホテルを出た瞬間にスキー場へと繰り出すことができ、日帰りでも充実の設備を利用することができます。ゲレンデはすり鉢状のレイアウトをしていて、全13のコースは必ずボトムのホテルへと辿り着くので、子供が迷子になる心配もありません。小さな子供が初めての雪遊びでも楽しめるキッズパークも充実し、ゲレンデでビューには最適!雪遊びに飽きたり、滑る気が無くなるほど寒い日でも、レストランやカフェ、ショップ、温泉なども完備の館内へとすぐに移動できるので、快適に過ごせるはずです。

目的別に選ぶ白馬のスキー場

 

ライタライター画像 スキー市場情報局編集部ー画像

この記事を書いた人 スキー市場情報局編集部

他の記事を見る

スキー市場情報局スタッフです。スキーツアーのお得な情報や、役に立つ情報を発信していきます!
twitterをフォロー

総合ランキング

テーマ

もっと見る

ゲレンデ情報

地域別テーマ

もっと見る

follow!