有名スキー場を攻略せよ! 湯沢編 舞子スノーリゾート 上級者編

有名スキー場を攻略せよ! 湯沢編 舞子スノーリゾート 上級者編

記事更新日: 2016-04-26 757pv

有名スキー場を攻略せよ! 湯沢編 舞子スノーリゾート 上級者編

吹雪の中一晩を車の中で過ごしました。もちろんエンジンは止めてシュラフ(寝袋)2枚重ねの上にシュラフカバー(ゴアテックス)の完全装備ですよ。車内泊をする時のアドバイスを一つ、窓が自分の息で結露するので風下側の窓をほんの1cmあけておくといいですよ。昨晩の吹雪のおかげで今日は新雪が期待できます!朝からやる気満々。ついに出番がやってきました、私の愛機「Winter Stick Swallowtail 184」。しかも世界に20本、日本には5本しかないトップシートがクリアーな物です。

有名スキー場を攻略せよ! 湯沢編 舞子スノーリゾート 上級者編

今日はこれで舞子のパウダーを思う存分味わってやります。

有名スキー場を攻略せよ! 湯沢編 舞子スノーリゾート 上級者編

日帰りスキーセンターでリフト券をゲットしてすぐ裏手のゴンドラ乗り場に並びます。

有名スキー場を攻略せよ! 湯沢編 舞子スノーリゾート 上級者編

ここで珍事件発生!ここではシーズンパスを持っている方が優先的にゴンドラに乗車できるんです。せっかく一番に並んだのに……。

有名スキー場を攻略せよ! 湯沢編 舞子スノーリゾート 上級者編

目の前に案内看板が。今日はどこもかしこもパウダーですが、まずは「O5ルンルンコース」から滑り始めます。ちなみにゴンドラで一緒になったスノーボードスクールのインストラクターのお姉さんが「これってどこの板ですか?」って言っていました(←ちょっとうれしい)。

有名スキー場を攻略せよ! 湯沢編 舞子スノーリゾート 上級者編

このパウダーボードの良いところは少々のトラック(人の滑った跡)が気にならない所です。緩斜面から「N11ピョンピョンコース」の中級者斜面を滑って行きます。もちろんノンストップでゴーグルの雪を払いながら全開です!!

有名スキー場を攻略せよ! 湯沢編 舞子スノーリゾート 上級者編

ノーズ幅は35cm、

有名スキー場を攻略せよ! 湯沢編 舞子スノーリゾート 上級者編

テイルがこんなに深く割れているのは新雪でスピードコントロールする時にテイルを踏んでパウダーで視界を遮らずに減速するためです。

有名スキー場を攻略せよ! 湯沢編 舞子スノーリゾート 上級者編

ゴンドラで山頂まで戻り、いよいよ奥添地エリアの「O1グングンコース」に突入します。

有名スキー場を攻略せよ! 湯沢編 舞子スノーリゾート 上級者編

あまりの興奮に滑る前後の写真を撮り忘れてしまいました。ごめんなさい。でも、最高の雪質と最高の斜面と皆さんの最高の笑顔が印象的でした。もう一度「B奥添地クワッドリフト」に乗って山頂へ向かいます。

有名スキー場を攻略せよ! 湯沢編 舞子スノーリゾート 上級者編

次は「奥添地ペアリフト」にて「ゾクゾクコース」を攻めます。山頂付近で新雪が40cmぐらいでしょうか。軽くて最高な雪です。一通り滑った所で一度下まで下りてみましょう。

有名スキー場を攻略せよ! 湯沢編 舞子スノーリゾート 上級者編

親切な看板が誘導してくれます。但し見逃すと大変ですよ!!今度はホテル側へ下りてみます。

有名スキー場を攻略せよ! 湯沢編 舞子スノーリゾート 上級者編

「N3長峰ランランコース」の途中から左へ進むと「Fシャトルペアリフト」が見えてきます。これは両方向乗れるリフトです。

有名スキー場を攻略せよ! 湯沢編 舞子スノーリゾート 上級者編

見えてきました。「舞子高原ホテル」です。ここに泊まってのんびり休めば明日も朝一からガンガンにパウダーを攻められるのに……と後ろ髪をひかれつつもっとパウダーを探します。

有名スキー場を攻略せよ! 湯沢編 舞子スノーリゾート 上級者編

エリアの一番ホテル側のリフト「G舞子トリプル}で上ります。この先に「M14チャンピオンコース」と「M13ドルフィンコース」が待っています。

有名スキー場を攻略せよ! 湯沢編 舞子スノーリゾート 上級者編

「上級者コース」いい響きですねー!!軽く1本。

有名スキー場を攻略せよ! 湯沢編 舞子スノーリゾート 上級者編

もう一度リフトからチェックしたらもう一本コースがあります。こちらも途中の段差に注意しながら全開で下りました。今回は滑りませんでしたが長峰エリアには「N10ガンガンコース」やコンディション限定のオフピステゾーン(非圧雪)も今シーズンから新設されました。パークやパイプはまだ出来上がっていませんが、積雪量と雪質は最高でした。久しぶりのパウダーボードもしっかり足になじんで、次の出番を待っています。パウダー用の板が良いのはなぜ? 両足に均等に荷重してもノーズが刺さらない事です。スキーの板も同じですね。幅で浮力を稼いだりしています。パウダー専用ボードはまだ早い、というあなた、アドバイスを一つ。スノーボードならばバインディングを間隔や角度を変えずに目いっぱい後にセットバックしてみてください。今まで後ろ足だけで支えていた体重が両足均等になってすごく楽に乗れるようになりますよ!!スキーも昔は「ess-bar」などのバインディングが前後に動くものがありました。(私がスキーをしていた30年ほど前ですが)家の娘も小学校4年性ですが気が付くと私の後のパウダーを滑っています。道具の進歩もめざましいですね!以上、久しぶりにご褒美を頂いたコバサンでした。皆さんも怪我には充分気をつけて雪山を楽しんでください。

ライタライター画像 スキー市場情報局編集部ー画像

この記事を書いた人 スキー市場情報局編集部

他の記事を見る

スキー市場情報局スタッフです。スキーツアーのお得な情報や、役に立つ情報を発信していきます!
twitterをフォロー

総合ランキング

テーマ

もっと見る

ゲレンデ情報

地域別テーマ

もっと見る

follow!