スキー・スノボーウェアレンタル料金の相場は?

スキー・スノボーウェアレンタル料金の相場は?

記事更新日: 2017-02-21 101300pv

スキー・スノボーウエア・ボードレンタル料金の相場は?
しえ
スキーやスノボをするためには、道具が必要じゃない?
まる
うん、ボードとかウェアとか……、けっこういろんな物がいるよね。
しえ
初めての人をスキー場に連れて行く時って、普通は全部レンタルするでしょ? まとめて借りると、どのぐらいかかるのかなぁ……?
ベル
全部となると、思ったより高くなると思うよ。ちょっと、最近のスキー場のレンタル料金の相場を見てみようか。

 

 

・各スキー場のレンタル料金と現在の相場

スキー・スノボをするには、ボードセット(ボード+ブーツ)かスキーセット(スキー板・ストック・ブーツ)、ウェア、そしてグローブ・帽子・ゴーグルなど多くの物が必要となりますが、ここでは比較のため、ボードセットとウェアだけを対象としてレンタル料金(大人1名・1日)を調査しています。

スキー場 ボードセット ウエア
軽井沢プリンスホテルスキー場 5,000円 3,500円
丸沼高原スキー場 4,000円 3,000円
アサマ2000パーク 4,500円 3,000円
カムイみさかスキー場 3,900円 2,600円
苗場スキー場 5,000円 3,500円
白馬五竜スキー場 4,500円 3,500円
上越国際スキー場 4,000円 3,000円
白馬さのさかスキー場 4,600円 3,900円
軽井沢スノーパーク 4,500円 4,000円
水上宝台樹スキー場 3,500円 2,500円
舞子スノーリゾート 4,200円 3,500円
HAKUBA VALLEY 鹿島槍 3,800円 3,000円

 

 

ベル
ボードセットは最低でも3,500円で最高が5,000円、ウェアは2,500円から4,000円と場所によって料金に幅はあるけど、ほとんどのスキー場では『ボードセット:4,000~4,500円』『ウェア:3,000~3,500円』ぐらいだから、これが今の相場と考えればいいんじゃないかな。
まる
両方借りたら8,500円かかる所もあるんだ! やっぱり高いな~!
しえ
しかも、その他にゴーグルとかもいるわけでしょ? 1シーズンに2~3回しか行かないとしても、毎回それは厳しいなぁ……。なんとか安くすませる裏技みたいなものって無いの?
ベル
裏技ってほどじゃないけど、スキーツアーを利用するっていうのはどうかな? そうすればツアー専用の割引料金で借りられるから、こうして普通に借りるより、ずっと安くなるよ。どれぐらい安くなるのか、ちょっと見てみる?

 

 

・日帰りスキーツアーを利用した場合のレンタル料金

スキーツアーでは「レンタル付き」というオプションを選べる場合があります。
スキー市場のスキーツアーでこのオプションを選んだ場合の追加料金をまとめると、次のようになります。

 

スキー場 ボードセット ウエア
軽井沢プリンスホテルスキー場 2,500~5,000円 2,500~3,000円
丸沼高原スキー場 3,300円 2,800円
アサマ2000パーク 2,000円 1,500円
カムイみさかスキー場 1,000円 2,500~3,000円
苗場スキー場 1,000円 無料
白馬五竜スキー場 500円 無料
上越国際スキー場 1,000円 1,000円
白馬さのさかスキー場 500円 無料
軽井沢スノーパーク 1,000~2,000円 1,800円
水上宝台樹スキー場 2,000円 1,700円
舞子スノーリゾート 2,500円 2,500円
HAKUBA VALLEY 鹿島槍 500円 無料

※「○○~○○円」の部分は曜日などで変わります。
※苗場スキー場・白馬五竜スキー場・白馬さのさかスキー場・鹿島槍スキー場のツアーはボードセットとウェアをまとめてレンタルする方式のため、ウェアの欄を「無料」としています。

 

 

まる
うわっ、何これ安すぎ!
ベル
でしょ? 白馬五竜スキー場や白馬さのさかスキー場みたいに、ツアー料金に500円追加するだけでボードとウェアと小物3点(グローブ・帽子・ゴーグル)が借りられる所もあるし、この表には書けなかったけど、カムイみさかスキー場もウェアを借りれば小物が付いてくるんだ。
しえ
この料金ならうれしいけど、こんなに安くて本当に大丈夫なの? 他に追加料金とか取られない?
ベル
さっき言ったように、これはツアー用の割引料金なんだ。だから、安心して利用してね。
まる
へぇ~、そうなんだ。でも、その分ツアー料金が高かったりしない?
ベル
それも大丈夫。時期や曜日によって料金は変わってくるけど、往復バスとリフト券がセットになって、ツアー料金はたったこれだけなんだ。

 

 

・日帰りスキーツアーのツアー料金

レンタルの追加料金を含まない、スキーツアーそのものの料金をまとめると、次のようになります。

スキー場 ツアー代金
軽井沢プリンスホテルスキー場(朝発) 5,900円~
丸沼高原スキー場(朝発) 5,300円~
アサマ2000パーク(朝発) 4,600円~
カムイみさかスキー場(朝発) 3,800円~
苗場スキー場(夜発) 11,800円~
白馬五竜スキー場(夜発) 9,400円~
上越国際スキー場(夜発) 9,300円~
白馬さのさかスキー場(夜発) 9,300円~
軽井沢スノーパーク(朝発) 4,900円~
水上宝台樹スキー場(朝発) 4,400円~
舞子スノーリゾート(夜発) 8,300円~
HAKUBA VALLEY 鹿島槍(夜発) 9,400円~

※記事中の料金は、すべて調査時点(2017年2月)のものです。

 

 

まる
こっちも安ぅ~い! もしかして、これもツアー用の割引料金のおかげ?
ベル
そのとおり! だから普通にバスでスキー場へ行って、そこでリフト券を買った場合の合計よりも安くなるんだ。
しえ
レンタルが必要なら、これにさっき教えてもらったレンタル料金をプラスすればいいのね。朝発バスなら5,000円前後で、ボードセットとウェアは3000~5000円だから――うん、このぐらいなら問題無さそう!
ベル
気に入ってもらえたかな? 食事とか他の部分は節約できても、交通費やリフト券代は削れないよね。でも、ツアーを利用すればそれが安くできるし、しかもレンタル料金の割引みたいな特典もあるんだ。これからスキー・スノボに行くなら、ぜひ試してほしいな。

 

 

 

まる
いや~、まさかスキーツアーを使ったら、レンタルがこんなに安くできるなんて……。ちょっとびっくりしちゃった。
しえ
本当ね。ベル、他にも何か知っておいた方がいいことってある?
ベル
え~と、あとは……、グローブとゴーグル、帽子――いわゆる小物は、レンタルができないスキー場も多いって知ってる? スキー場を選ぶ時には、このことも必ず調べておいた方がいいよ。
まる
レンタルがダメなら買うしかないもんね。地味に痛いなぁ、それ。
ベル
まあ、小物はネットで探せば割と安く買えるから、『マイ小物』を一式そろえておくのもアリかもね。
しえ
そうやっていろいろ工夫していけば、スノボ費用をすごく安くできそう♪
ベル
うん、今年は賢く借りて、たくさん滑ってみてね!

バナー レンタル付きスキー・スノボツアー

 

 

 

 

>2016-2017新作 全12色 レボミラー ダブルレンズ スノーボード スキー ゴーグル スノーボードゴーグル スキーゴーグル レディース スノボ スノボー スキー スノボゴーグル スノボーゴーグル スノーゴーグル 激安 IBP-672 icepardal メンズ キッズ ジュニア も有

価格:2,970円
(2017/2/16 10:16時点)

>激安スノーゴーグル EPIC SNOWBOADING e7 MIRROR LENSミラーレンズ ダブルレンズ スノボ スキー

価格:2,158円
(2017/2/16 10:19時点)

>2016-2017新作 全19色 インナー付 スノーボード スキー グローブ スノーボードグローブ スキーグローブ レディース メンズ スノボ スノボー スキー スノボグローブ スノボーグローブ スノーグローブ 手袋 5本指 激安 PG-02 PONTAPES ジュニア キッズ ウェア も展開中

価格:2,970円
(2017/2/16 10:21時点)

>【送料無料】スノーボード スキー グローブ レディース メンズ スノーボードグローブ スキーグローブ VAXPOT(バックスポット) グローブ スノーボード 防水 透湿 VA-3956【耐水 透湿 撥水加工 Thinsulate 中綿 入り 手袋 スノボ】[返品交換不可][ZX]

価格:2,799円
(2017/2/16 10:24時点)

>【メール便のみ 送料無料 】 帽子 ボンボンニット ニット帽 全10色! ニット レディース メンズ 可愛い カワイイ シンプル 秋冬 防寒 スノボー ユニセックス フリーサイズ メール便×1 ★

価格:1,814円
(2017/2/16 10:20時点)

>【DM便限定☆送料無料】コットン パイル リバーシブル ワッチキャップ / 帽子 メンズ ニット帽子 レディース ニット帽 タオル地 スキー スノボ スノーボード ゆったり スノボー 春 夏 春夏【ネコポス可】

価格:2,160円
(2017/2/16 10:21時点)

ライタライター画像 スキー市場情報局編集部ー画像

この記事を書いた人 スキー市場情報局編集部

他の記事を見る

スキー市場情報局スタッフです。スキーツアーのお得な情報や、役に立つ情報を発信していきます!
twitterをフォロー

総合ランキング

テーマ

もっと見る

ゲレンデ情報

地域別テーマ

もっと見る

follow!